« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.27

ペルーで見た花16


2006.02.12

ナスカ空港の庭に咲いていた花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.26

ペルーで見た花・・・16


2006.02.12

ナスカの空港の庭に咲いていた花とコンドルの模型

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.25

ソニー社員達が中国の宴会で嵌められた虞れ

 日本のソニーの社員が中国で猥褻な宴会を開いていたという写真とニュースが中国のサイトで喧伝されている。また、お人良しで無防御の日本人達が反日煽動分子の餌食にされた可能性が強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルーで見た花15


2006.02.09

マチュピチュのインカ道に咲いていた。小さく可憐な花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.24

ペルーで見た花・・・14


2006.02.09

マチュピチュの遺跡で咲いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.23

ペルーで見た花13

2006.02.09

マチュピチュの遺跡に咲いていた


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.22

ペルーで見た花12


2006.02.08

マチュピチュの遺跡に咲いていた黄色い花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.21

ペルーで見た花11


2006.02.09

マチュピチュの空中都市に咲いていた花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

ペルーで見た花10


マチュピチュの空中都市遺跡に咲いていた花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.17

ペルーで見た花9


プカプカラの遺跡の跡に咲いていた黄色の花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.16

安藤美姫がタレントに転向か

トリノオリンピックでジャンプに失敗して、入賞できなかった安藤美姫が、タレントに転向するかもしれない。荒川静香に比べ、その言動に何となくアマチュアのスポーツ選手としては「らしくない」異質なものを感じていただけにやはりそんなことだったのかという思いが強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルーで見た花8


 プカプカラとはスペイン語で赤い要塞という意味である。クスコの郊外にプカプカラの要塞遺跡があり、沐浴所と見張り小屋の跡がある。この遺跡に咲いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.15

インシュリン殺人未遂の鬼女の顔

  夫に大量のインシュリンを飲ませて殺人未遂の容疑で逮捕された鈴木詩織という中国出身の鬼女はメサイヤというエステの店では「さくら」という源氏名で働いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルーで見た花7


黄金時代のインカ帝国の宮殿はクスコ市内にあった。その場所には現在サント・ドミンゴ教会というカソリックの教会が建っている。この教会内にコリカンチャの遺跡がある。コリカンチャとは太陽の神殿という意味である。
写真はコリカンチャに咲いていた花である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

中国出身の鬼嫁の殺人事件簿

  中国出身で日本人の男性と結婚した鈴木詩織(33才)という女性等二人が、糖尿病で療養中の夫鈴木茂(54才)さんにインシュリンを大量投与して殺そうとした殺人未遂の容疑で10日、千葉県警に逮捕された。保険金を詐取しようとした疑いがもたれている。またこの鈴木詩織容疑者には以前にも火事で焼死した義父母の殺人にも関与したのではないかという疑惑がもたれている。

大津市の園児殺害事件といい、中国の花嫁には問題のある人が多いようだ。中国出身の鬼嫁の殺人事件簿がこのURLに載っている。

またgoriさんのサイトに出ている平成16年国籍別日本国内の犯罪分析をみても中国人の犯罪が多いことは留意しておかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルーで見た花6


2006.02.07
同じくサクサイワマン城砦遺跡の岩蔭に咲いていた花である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.13

皇室典範会議の結論は7~8年前に出ていた。

 皇室典範改定に関する有識者会議の結論は会議設置の7~8年前に既に内閣官房内のグループによって研究されていたと岩男寿美子有識者会議委員が海外向け英字新聞で公表していた。産経新聞の2006.3.11朝刊の切り抜きは以下の通り。
また英文記事はこのURLで読むことが出来る。
 

 皇室会議の意向を無視して天皇家の問題に部外者が入り込んで勝手な理屈をこねることは不敬、不遜の誹りを免れないであろう。

毒吐き@てっく氏が同氏のサイトで以下のように述べておられることに共感を覚える。


いや、岩男のオバはんは、横文字語で全世界に向けて、WEBと雑誌でこんなこと書いて・・・ 一体、何がしたいんだろうか

つーか、横文字だったら見逃してもらえるとでも?
甘いわ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ペルーで見た花5


2006.03.07

 サクサイワマンの遺跡の岩蔭に密かに咲いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.12

小沢一郎の虚像と民主党の党内勢力

 永田代議士の偽メール事件で、すっかり国民の信頼を失墜した民主党では次の代表選びで権力闘争が始まった。凄腕と評される小沢一郎の出番かなとの下馬評もあるが、世に流布されている小沢一郎という政治家の虚像をあばいて蒙を開いてくれた評論にであった。民主党の党内事情もよく判るし、そうだったのかという思いで読んだ。それは渡部亮次郎のメルマガ「頂門の一針第348号」の記事「小沢は切り札ではない 」であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルーで見た花4


クスコ市の北東にあたる郊外にSacsayhuaman(サクサイワマン)というインカ時代の城砦遺跡がある。ここの岩蔭にひっそりと咲いていた花。水仙に似ているが何しろ高度3,200m以上の高地であるから似て非なるものであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.11

ペルーで見た花3


リマ市の海岸近くにある「恋人達の公園」の花壇に咲いていた花。激しい朱色が印象的であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国脅威論を具体的に知る教材

 中国の李肇星(リー・チャオシン)外相がまたまた、3月7日北京の人民大会堂で記者会見を開き幼稚で間違いだらけの歴史認識をもとに罵詈雑言を尽くして、小泉首相の靖国神社参拝を批判した

 また、東シナ海でのガス田開発に関する日中両政府間局長級協議では、中国は日本の提案を拒否し、日本領海内の尖閣諸島海域での共同開発という身勝手な新提案をした。 

 このように最近、中国は日本の主権を無視して内政干渉を繰り返し、国益を害するような事件が頻発し日本国民として不愉快なことが多い。最近の中国の驚異的な経済成長と軍事力の増強を警戒して、中国脅威論が国内でも議論されるようになった。

 そんな折りに「たけしのTYタックル/この厄介な中華思想~支那脅威論」という放映が朝日テレビで3月6日にあったことを知った。この録画が檀君WHO'S WHO氏のニュースライブラリー(2006.3.6)にあることを知って再生画像を見ることができた。最近の中国問題を要領よく纏めてあり大変勉強になった。

中国の傲慢な振る舞いは1992年の天皇の中国訪問を契機に始まり、これをお膳立てした宮沢内閣と時の官房長官河野洋平氏がその種を撒いたという指摘は正鵠を射ているものと思いながら見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

尖閣諸島周辺海域の共同開発というシナの新提案の裏を読む

 中国の李肇星(リー・チャオシン)外相がまたまた、3月7日北京の人民大会堂で記者会見を開き幼稚で間違いだらけの歴史認識をもとに罵詈雑言を尽くして、小泉首相の靖国神社参拝を批判した

 また、東シナ海でのガス田開発に関する日中両政府間局長級協議では、中国は日本の提案を拒否し、日本領海内の尖閣諸島海域での共同開発という身勝手な新提案をした。 

 このように最近、中国は日本の主権を無視して内政干渉を繰り返し、国益を害するような事件が頻発し日本国民として不愉快なことが多い。最近の中国の驚異的な経済成長と軍事力の増強を警戒して、中国脅威論が国内でも議論されるようになった。

 そんな折りに「たけしのTYタックル/この厄介な中華思想~支那脅威論」という放映が朝日テレビで3月6日にあったことを知った。この録画が檀君WHO'S WHO氏のニュースライブラリー(2006.3.6)にあることを知って再生画像を見ることができた。最近の中国問題を要領よく纏めてあり大変勉強になった。

中国の傲慢な振る舞いは1992年の天皇の中国訪問を契機に始まり、これをお膳立てした宮沢内閣と時の官房長官河野洋平氏がその種を撒いたという指摘は正鵠を射ているものと思いながら見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルーの花2


 ペルーの首都リマの海岸近くに恋人達の公園というのがあり、市民の憩いの場所になっている。この公園は大学生達の提案と企画によってできあがった公園だという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.09

ペルーの花1


 ペルーで見た花を毎日一点ずつ記録していくことにした。名前は判らないものが殆どである。後日時間があれば調べたいと思う。

 クスコ市の中心、アルマス広場の公園の花壇に咲いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.07

ペルー旅行のアルバム

 ペルー紀行をこの日記で書きかけてしり切れトンボになってしまった。纏まったものは徒然草・早島版の方へ掲載した。

 徒然草・早島版で使用しなかった写真が未だ沢山あるのでペルーの旅と題してアルバムを作ってみた。
ペルーの旅写真アルバム

ペルーの国勢についてはこのURLが参考になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国農民の土地収用の実態

現在、中国では全人代が開催されていて、都市と農村の格差是正が問題として提起されたようである。農村問題に焦点を絞ったレポート(下掲の写真クリックで拡大)があった。農民に対する人権弾圧と地方行政機関の腐敗体質がよく纏められている。この国はやがて農村問題で破綻をきたすことだろう。

01Sankei060307

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.05

在日朝鮮人の一時帰国に関し名古屋入管のとった正しい処置

  中日新聞の3月3日の記事によれば、名古屋入国管理事務所が、在日朝鮮人の女性に対して北朝鮮へ一時帰国許可を保留したという。この在日朝鮮人の女性金昭子氏は女性戦犯国際法廷事件の際にも脚光を浴びた北朝鮮人民会議の代議員なのである。

同記事によると金昭子氏は朝鮮総連県本部の李副委員長ともども以下のように抗議したという。

「自分の国に帰るのは人間の初歩的な権利。許可書を出さない理由も言われず、侮辱された気持ち」と話し、同行した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)県本部の李博之副委員長も「在日全体の問題」とした。

この自分の国に帰るのは人間の初歩的な権利というのが笑わせる。

 日本人の拉致事件のことはそっちのけにしておいて、よくこのようなことが言えるものだとあきれ返るしかない。 
ようやく拉致問題に関して日本の政府機関が圧力をじわじわとかけだしたのかと名古屋入管の措置に拍手を送りたい。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.03.02

NHKで放映されなかった荒川静香の日の丸ウイニングラン

 トリノ冬季オリンピックでは大言壮語していた選手達が軒並み入賞できず、がっかりしていた所へ終盤近くになって荒川静香選手の金メダル獲得という嬉しいニュースが飛び込んできた。

 そして帰国後のNHKスタジオでの会見に際しての荒川選手の挙措言動は見るものに爽やかな印象を与えた。

  驕るでもなく、饒舌でもなく静かな微笑と思慮深かげな表情の裏に感じ取れる奥床しさは内に秘めた燃える闘志を品よく覆っていた。まさに女王の風格を見る思いであった。日本人が忘れかけていた大和撫子の典型を見た爽やかさがあった。

即興の短歌

・女王とは かくありたきもの 品のある 奥床しさは 女性の鑑

 ところでNHKでは放映されなかったが、荒川静香選手が日の丸の旗を体に巻き付けてウイニングランをする放映があったのを知った。この放映は以下の
URL
で見ることができる。

このような日本人であれば誰でも見たいと思う感動的な場面を放映できなかったNHKに対してはさまざまな批判がなされているようだが、客観的に判断すると花岡信昭氏のNHKの「偏向」批判を解析するという見解には首肯できるところがあると思った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »