« 2008年11月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.31

友愛で北朝鮮や中国に対抗できるのか。

衆議院の選挙が近づいてきて政界は慌しくなってきた。民主党の鳩山党首の唱える【友愛】なる党是に危なかしい感じを抱いていたが、2009.5.31産経新聞に掲載された【人界観望楼】外交評論家・岡本行夫 鳩山さん、防衛戦略誤るなの論旨には我が意を得たりの思いがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.25

社会を変える威力・・・インターネットの可能性

 インターットの便宜性と利便性の恩恵には毎日浴しているが産経新聞2009.5.25付けのウエブ立志篇・梅田望夫の整理できぬ情熱の集約と題する記事には瞠目すべき事実が報告されている。

2009525

シリコンバレーから将棋を観る


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.22

紫式部もインフルエンザをネタにしていた。

  新型インフルエンザの感染者が関東でも発見されてマスク姿をあちらこちらで見かけるようになった。インフルエンザの流行は今に始ったことではない。源氏物語のヒカルもインフルエンザに罹患したことを紫式部が描写しているという産経新聞の光源氏もインフルエンザにと題する記事はその視点の斬新さに感心した。

2009522

 更にインフルエンザのビールスに対して有効な新薬開発に繋がるインフルウイルスのタンパク質構造を解明という記事は日本科学陣営の活躍振りを垣間見させてくれて明るい話題を提供してくれた。

20095222


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.20

民主党の外交政策に違和感あり

 暫くこのサイトの更新をサボってしまった。春秋戦国時代の中国の歴史を宮城谷昌光の小説で楽しんでいたからである。

 非常に難解な漢字や熟語が頻出するので閉口するが一々漢和辞典を紐解くのも煩わしいので文脈の中で凡その意味を想定して読み進んでいる。

 春秋戦国時代の中国の王侯や君臣は性悪説に立っていて、いとも簡単に親・兄弟・上司を自己中心の利害だけで誅殺することが多い。性善説が好きな日本人の感覚ではついていけない死生観である。

 民主党の党首が交代して鳩山由紀夫氏になったが北朝鮮、中国、ロシアのような国々に対して友愛だけで立ち向かおうとする姿勢には危なかさしか感じられない。本日付けの産経新聞の「くにのあとさき・・湯浅 博」という記事には我意を得たりと共感できる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年6月 »