« 郵政民営化に伴い顕著になった問題 | トップページ | 経済復興だけでは、テロは根絶できない »

2009.12.27

時速350㎞で走る世界最高速の高速鉄道が開業したが・・・中国経済の現状分析。

【12月27日 AFP】によれば
「営業運転速度として世界最速という時速350キロで走る中国の高速鉄道が26日開業し、最初の列車が武漢(Wuhan)を出発した。」と報道された。
高度経済成長により強大国家へ驀進する中国のインフラ整備と読んでしまいそうだが国内事情は問題山積である。中国国内を歩き廻り自分の目で観察した宮崎正弘氏の下記二つのレポートは中国経済や上海万博の開催に関連して新聞報道では得られない貴重な情報を与えてくれる。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成21年(2009年)12月27日(日曜日)通巻2821号
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成21年(2009年)12月28日(月曜日)通巻2822号(12月27日発行)

|

« 郵政民営化に伴い顕著になった問題 | トップページ | 経済復興だけでは、テロは根絶できない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21904/47127970

この記事へのトラックバック一覧です: 時速350㎞で走る世界最高速の高速鉄道が開業したが・・・中国経済の現状分析。:

« 郵政民営化に伴い顕著になった問題 | トップページ | 経済復興だけでは、テロは根絶できない »