« 鳩山心理学という面白い発想 | トップページ | 日本語の難しさと面白さ »

2009.12.21

多神教と民主主義

若い頃法哲学者のラードブルフの書物をよく読んだ。価値絶対主義と価値相対主義の解説でデモクラシーは価値相対主義を前提とする。相対する敵に対してもその主張を受容し無ければならないのが価値相対主義の泣きどころである。との主旨で理解していた。ところが2009.12.21付け産経新聞の
多神教システムと政治の安定と題する論説には新しい視点を与えられた思い出読んだ。民主主義は一神教の土壌の中から生まれたとする論説が新鮮なものに思えた。


|

« 鳩山心理学という面白い発想 | トップページ | 日本語の難しさと面白さ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21904/47075138

この記事へのトラックバック一覧です: 多神教と民主主義:

« 鳩山心理学という面白い発想 | トップページ | 日本語の難しさと面白さ »