« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015.07.27

愛國百人一首

有名な歌の幾つかは知っていたが、このような形に
纏められた百人一首が存在するとはうかつにも知らなかった。
以下は渡部亮次郎氏から配信されたメルマガから全てを転写した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛國百人一首(擴張ヘボン式による轉寫を付す)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 上西 俊雄


[はじめに]

愛國百人一首、ウィキペディアには次のやうにある。

<日本文學報國會が情報局の後援、大政翼贊會の贊助、東京日日新聞と大
阪毎日新聞の協力を得て企畫された。選定委員は佐佐木信綱、土屋文明、
釋迢空、齋藤茂吉、太田水穗、尾上柴舟、窪田空穗、吉植庄亮、川田順、
齋藤瀏、松村英一、北原白秋ら12名(ただし北原は委員就任後まもなく死
去)。企畫目的は、「聖戰下の國民精神作興。」選定基準は、萬葉時代か
ら幕末までの詠歌者の分かっている臣下の和歌であり、愛國の精神が、健
やかに、朗らかに、そして積極的に表現されていることとされた。また、
幕末期の歌は明治改元より先に物故した人物に限られた。

選ばれた百首は、情報局の檢閲を經て昭和17年(1942年)11月20日、情報
局から發表された。これに改訂と解説を加えたものが、『定本愛國百人一
首』として昭和18年(1943年)3月に毎日新聞社から刊行されている。さ
らに同年11月には、日本玩具統制協會により繪入りカルタとして商品化さ
れた。>

ウィキペディアの振假名はあてにならない。詠手の名前の讀み方も不明。
擴張ヘボン式で轉寫するので一應假名を推定してみた。抗癌劑が效きすぎ
て服用を中止したところなので、結構つかれた。

擴張ヘボン式、四假名は以下の通り。

ヂ ji, ジ zhi, ヅ dzu, ズ zu

語中のハ行音(medial h) は逆アポストロフィ。ワ行子音の w と同樣にア
段でのみ兩唇半母音の渡り音として實現されるが、ア段でなければ發音さ
れない。兩者の違ひは離合の徴表。ワ行は離、ハ行は合でもっぱらくっつ
きの印である。

最初に番號、詠手、和歌、その下に擴張ヘボン式で詠手と和歌をコロンで
區切って示す。

1.柿本人麻呂 大君は神にしませば天雲の雷の上に廬せるかも

kakinomotono hitomaro: o`okimi`a kaminishi maseba amakumono
ikadzuchino u`eni i`ori seru kamo

2.長奧麻呂 大宮の内まできこゆ網引すと網子ととのふる海人の呼び聲

nagano okimaro: o`omiyano uchimade kikoyu abikisuto ago totono`uru
amano yobigowe

3.大伴旅人 やすみししわが大君の食國は大和もここも同じとぞ念ふ

o`otomono tabito: yasumishishi waga o`okimino wosukuni`a yamatomo
kokomo onazhitozo omo`u

4.高橋蟲麻呂 千萬の軍なりとも言擧げせずとりて來ぬべきをのことぞ思ふ

takahashino mushimaro: chiyorodzuno ikusanaritomo kotoagesezu
torite kinubeki wonokotozo omo`u

5.山上憶良 士やも空しかるべき萬代に語り續ぐべき名は立てずして

yamano u`eno okura: wonokoyamo munashikarubeki yorodzuyoni
kataritsugubeki na`a tatezushite

6.笠金村 丈夫の弓上振り起し射つる矢を後見む人は語り繼ぐがね

kasano kanamura: masurawono yuzuwe furi-okoshi itsuru yawo nochi
mimuhito`a katari tsugugane

7.山部赤人 あしひきの山にも野にも御獵人さつ矢手挟みみだれたり見ゆ

yamabeno akahito: ashibikino yamanimo nonimo mikaribito satsuya
tabasami midaretari miyu

8.遣唐使使人母 旅人の宿りせむ野に霜降らば吾が子羽ぐくめ天の鶴群

kentaushi shizhinno haha: tabibitono yadorisemu noni shimo furaba
wagako hagukume amano tadzumura

9.安倍郎女 わが背子はものな思ほし事しあらば火にも水にも吾なけなくに

abeno iratsume: waga seko`a monona omo`oshi kotoshi araba hinimo
midzunimo ware nakenakuni

10.海犬養岡麿 御民われ生ける驗あり天地の榮ゆる時に遇へらく思へば

amano inuka`ino wokamaro: mitami ware ikeru shirushi ari
ametsuchino sakayuru tokini a`eraku omo`eba

11.雪宅麻呂 大君の命かしこみ大船の行きのまにまに宿りするかも

yukino yakamaro: o`okimino mikoto kashikomi o`ofuneno yukino
manimani yadorisurukamo

12.小野老 あをによし奈良の京は咲く花のにほふがごとく今さかりなり

wonono oyu: awoniyoshi narano miyako`a sakuhanano ni`o`uga gotoku
ima sakarinari

13.橘諸兄 降る雪の白髮までに大君に仕へまつれば貴くもあるか

tachibanano moroe: furu yukino shirokamimadeni o`ogimini
tsuka`ematsureba ta`utokumo aruka

14.紀清人 天の下すでに覆ひて降る雪の光を見れば貴くもあるか

kino kiyohito: ameno shita sudeni o`o`ite furuyukino hikariwo
mireba ta`utokumo aruka

15.葛井諸會 新しき年のはじめに豐の年しるすとならし雪の降れるは

fujiwino morowe: aratashiki hazhimeni toyonotoshi
shirushito narashi yukino fureru`a

16.多治比鷹主 唐國に往き足らはして歸り來むますら武雄に御酒たてまつる

taji`ino takanushi: karakunini yukitara`ashite ka`erikomu
masuratakewoni miki tatematsuru

17.大伴家持 天皇の御代榮えむと東なるみちのく山に金花咲く

o`otomono yamamochi: sumerogino miyo sakaemuto adzumanaru
michinoku yamani kugane hana saku.

18.丈部人麻呂 大君の命かしこみ磯に觸り海原わたる父母をおきて

hasetsukabeno hitomaro: o`ogimino mikoto kashikomi isoni furi
unohara wataru chichi haha okite

19.坂田部首麻呂 眞木柱ほめて造れる殿のごといませ母刀自面變りせず

sakatabeno obitomaro: makebashira homete tsukureru tonono goto
imase hahatozhi ome ka`ari sezu

20.大舍人部千文 霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍に吾は來にしを

o`otoneribeno chifumi: arare furi kashimano kamiwo inoritsutsu
sumera mi-ikusani ware`a kinishiwo

21.今奉部與曾布 今日よりは顧みなくて大君のしこの御盾と出で立つ吾は

imamatsuribeno yoso`u: ke`uyori`a ka`eruminakute o`ogimino shikono
mitateto idetatsu ware`a

22.大田部荒耳 天地の神を祈りてさつ矢ぬき筑紫の島をさしていく吾は

o`otabeno aramimi: ametsuchino kamiwo inorite satsuya nuki
tsukushino shimawo sashite iku ware`a

23.神人部子忍男 ちはやぶる神の御坂に幣奉り齋ふいのちは母父がため

kamitobeno ko-oshiwo: chihayaburu kamino misakani nusa tatematsuri
i`a`u inochi`a omochichiga tame

24.尾張濱主 翁とてわびやは居らむ草も木も榮ゆる時に出でて舞ひてむ

wo`arino hamanushi: okinatote wabiya`a woramu kusamo kimo sakayuru
tokini idete ma`itemu

25.菅原道眞 海ならずたたへる水の底までも清き心は月ぞ照らさむ

suga`arano michizane: uminarazu tata`eru midzuno sokomademo kiyoki
kokoro`a tsukizo terasamu

26.大中臣輔親 山のごと坂田の稻を拔き積みて君が千歳の初穗にぞ舂く

o`onakatomino sukechika: yamano goto sakatano inewo nukitsumite
kimiga chitoseno hatsuhonizo tsuku

27.成尋阿闍梨母 もろこしも天の下にぞ有りと聞く照る日の本を忘れざらなむ

zhauzhin azharino haha: morokoshimo ameno shitanizo arito kiku
teru hinomotowo wasurezaranamu

28.源經信 君が代はつきじとぞ思ふ神かぜやみもすそ川のすまん限は

minamotono tsunenobu: kimiga yo`a tsukizhi tozo omo`u kamikazeya
mimo susoga`ano suman kagiri`a

29.源俊頼 君が代は松の上葉におく露のつもりて四方の海となるまで

minamotono toshiyori: kimiga yo`a matsuno u`abani oku tsuyuno
tsumorite yomono umito narumade

30.藤原範兼 君が代にあへるは誰も嬉しきを花は色にもいでにけるかな

fuji`arano norikane: kimigayoni a`eru`a taremo ureshikiwo hana`a
ironimo idenikerukana

31.源頼政 みやま木のその梢とも見えざりし櫻は花にあらはれにけり

minamotono yorimasa: miyamagino sono kozuwetomo miezarishi
sakura`a hanani ara`arenikeri

32.西行法師 宮柱したつ岩根にしき立ててつゆも曇らぬ日の御影かな

saigyau ho`ushi: miyabashira shitatsu i`aneni shikitatete tsuyumo
kumoranu hino mikagekana

33.藤原俊成 君が代は千代ともささじ天の戸や出づる月日のかぎりなければ

fuji`arano toshinari: kimiga yo`a chiyotomo sasazhi amano toya
idzuru tsukihino kagiri nakereba

34.藤原良經 昔たれかかる櫻の花を植ゑて吉野を春の山となしけむ

fuji`arano yoshitsune: mukashi tare kakaru sakurano hanawo uwete
yoshinowo haruno yamato nashikemu

35.源實朝 山は裂け海はあせなむ世なりとも君にふた心わがあらめやも

minamotono sanetomo: yama`a sake umi`a asenamu yonaritomo kimini
futagokoro waga arameyamo

36.藤原定家 曇りなきみどりの空を仰ぎても君が八千代をまづ祈るかな

fuji`arano sadai`e: kumorinaki midorino sorawo a`ugitemo kimiga
yachiyowo madzu inorukana

37.宏覺禪師 末の世の末の末まで我が國はよろづの國にすぐれたる國

kaukaku zenzhi: suweno yono suweno suwemade wagakuni`a yorodzuno
kunini suguretaru kuni

38.中臣祐春 西の海よせくる波も心せよ神の守れるやまと島根ぞ

nakatomino sukeharu: nishino umi yosekuru namimo kokoroseyo kamino
mamoreru yamato shimanezo

39.藤原爲氏 敕として祈るしるしの神風に寄せくる浪はかつ碎けつつ

fuji`arano tame-uzhi: chokutoshite inoru shirushino kamikazeni
yosekuru nami`a katsu kudaketsutsu

40.源致雄 命をば輕きになして武士の道よりおもき道あらめやは

minamotono munewo: inochiwoba karokini nashite mononofuno
michiyori omoki michi arameya'a

41.藤原爲定 限りなき惠みを四方にしき島の大和島根は今さかゆなり

fuji`arano tamesada: kagirinaki megumiwo yomoni shikishimano
yamato shimane`a ima sakayunari

42.藤原師賢 思ひかね入りにし山を立ち出でて迷ふうき世もただ君の爲

fuji`arano morokata: omo`ikane irinishi yamawo tachi-idete mayo`u
ukiyomo tada kimino tame

43.津守國貴 君をいのるみちにいそげば神垣にはや時つげて鶏も鳴くなり

tsumorino kunitaka: kimiwo inoru michini isogeba kamigakini haya
toki tsugete torimo nakunari

44.菊池武時 もののふの上矢のかぶら一筋に思ふ心は神ぞ知るらむ

kikuchi taketoki: mononofuno u`ayano kabura hitosujini omo`u
kokoro`a kamizo shiruramu

45.楠木正行 かへらじとかねて思へば梓弓なき數に入る名をぞとどむる

kusunoki masatsura: ka`erazhito kanete omo`eba adzusayumi naki
kadzuni iru nawozo todomuru

46.北畠親房 鶏の音になほぞおどろくつかふとて心のたゆむひまはなけれど

kitabatake chikafusa: torino neni na`ozo odoroku tsuka`utote
kokorono tayumu hima`a nakeredo

47.森迫親正 いのちより名こそ惜しけれもののふの道にかふべき道しなければ

morisago chikamasa: inochiyori nakoso woshikere mononofuno michini
ka`ubeki michishi nakereba

48.三條西實隆 あふぎ來てもろこし人も住みつくやげに日の本の光なるらむ

sandeunishi sanetaka: a`ugikite morokoshibitomo sumitsukuya geni
hinomotono hikari naruramu

49.新納忠元 あぢきなやもろこしまでもおくれじと思ひしことは昔なりけり

ni`iro tadamoto: ajikinaya morokoshimademo okurezhito omo`ishi
koto`a mukashi narikeri


50.下河邊長流 富士の嶺に登りて見れば天地はまだいくほどもわかれざりけり

shimokaube chauriu: fuzhino neni noborite mireba ametsuchi`a mada
ikuhodomo wakarezarikeri

51.徳川光圀 行く川の清き流れにおのづから心の水もかよひてぞ澄む

tokuga`a mitsukuni: yuku ka`ano kiyoki nagareni onodzukara
kokorono midzumo kayo`itezo sumu

52.荷田春滿 踏みわけよ日本にはあらぬ唐鳥の跡をみるのみ人の道かは

kadano adzumamaro: fumiwakeyo yamatoni`a aranu karadorino atowo
mirunomi hitono michika`a

53.賀茂眞淵 大御田のみなわも泥もかきたれてとるや早苗は我が君の爲

kamono mabuchi: o`omitano minawamo hijimo kakitarete toruya
sana`e`a waga kimino tame

54.田安宗武 もののふの兜に立つる鍬形のながめかしはは見れどあかずけり

tayasu munetake: mononofuno kabutoni tatsuru kuwagatano nagame
kashi`aba miredo akazukeri

55.楫取魚彦 すめ神の天降りましける日向なる高千穗の嶽やまづ霞むらむ

katori nahiko: sumekamino amorimashikeru himukanaru takachihono
takeya madzu kasumuramu

56.橘枝直 天の原てる日にちかき富士の嶺に今も神代の雪は殘れり

tachibana ena`o: amanohara teruhini chikaki fuzhino neni imamo
kamiyono yuki`a nokoreri

57.林子平 千代ふりし書もしるさず海の國の守りの道は我ひとり見き

hayashi shihei: chiyo furishi fumimo shirusazu umino kunino
mamorino michi`a ware hitori miki

58.高山彦九郎 我を我としろしめすかやすべらぎの玉のみ聲のかかる嬉しさ

takayama hikokurau: warewo wareto shiroshimesukaya suberagino
tamano mikoweno kakaru ureshisa


59.小澤蘆庵 あし原やこの國ぶりの言の葉に榮ゆる御代の聲ぞ聞ゆる

woza`a roan: ashiharaya kono kuniburino kotonohani sakayuru miyono
kowezo kikoyuru

60.本居宣長 しきしまの大和ごころを人問はば朝日に匂ふ山ざくら花

motowori norinaga: shikishimano yamatogokorowo hito to`aba asahini
ni`o`u yamazakurabana


61.荒木田久老 初春の初日かがよふ神國の神のみかげをあふげもろもろ

arakida hisa-oyu: hatsuharuno hatsuhi kagayo`u kamikunino kamino
mikagewo a`uge moromoro


62.橘千蔭 八束穗の瑞穗の上に千五百秋國の秀見せて照れる月かも

tachibana chikage: yatsukahono midzuhono u`eni chi-i`o-aki kunino
ho misete tereru tsukikamo

63.上田秋成 香具山の尾の上に立ちて見渡せば大和國原早苗とるなり

u`eda akinari: kaguyamano wono`eni tachite miwataseba yamato
kunibara sana`e torunari


64.蒲生君平 遠つ祖の身によろひたる緋縅の面影うかぶ木々のもみぢ葉

gama`u kumpei: to`otsu oyano mini yoro`itaru hiwodoshino omokage
ukabu kigino momijiba

65.栗田土滿 かけまくもあやに畏きすめらぎの神のみ民とあるが樂しさ

kurita hizhimaro: kakemakumo ayani kashikoki sumeragino kamino
mitamito aruga tanoshisa

66.賀茂季鷹 大日本神代ゆかけてつたへつる雄々しき道ぞたゆみあらすな

kamono suwetaka: o`oyamato kamiyoyu kakete tsuta`etsuru wowoshiki
michizo tayumi arasuna

67.平田篤胤 青海原潮の八百重の八十國につぎてひろめよこの正道を

hirata atsutane: awo-unabara shi`ono ya`o`eno yasokunini tsugite
hiromeyo kono masamichiwo


68.香川景樹 ひとかたに靡きそろひて花すすき風吹く時ぞみだれざりける

kaga`a kageki: hitokatani nabiki soro`ite hana susuki kaze fuku
tokizo midarezarikeru

69.大倉鷲夫 やすみししわが大君のしきませる御國ゆたかに春は來にけり

o`okura washiwo: yasumishishi waga o`ogimino shikimaseru mikuni
yutakani haru`a kinikeri


70.藤田東湖 かきくらすあめりか人に天つ日のかがやく邦のてぶり見せばや

fuzhita touko: kakikurasu amerikabitoni amatsuhino kagayaku kunino
teburi misebaya


71.足代弘訓 わが國はいともたふとし天地の神の祭をまつりごとにて

azhiro hironori: waga kuni`a itomo ta`utoshi ametsuchino kamino
matsuriwo matsurigotonite

72.加納諸平 君がため花と散りにしますらをに見せばやと思ふ御代の春かな

kana`u morohira: kimiga tame hanato chirinishi masurawoni
misebayato omo`u miyono harukana

73.鹿持雅澄 大君の宮敷きましし橿原のうねびの山の古おもほゆ

kamochi masazumi: o`okimino miya shikimashishi kashiharano unebino
yamano inishi`e omo`oyu


74.僧月照 大君のためには何か惜しからむ薩摩の瀬戸に身は沈むとも

sou gesshou: o`ogimino tameni`a nanika woshikaramu satsumano
setoni mi`a shidzumutomo


75.石川依平 大君の御贄のまけと魚すらも神世よりこそ仕へきにけれ

ishika`a yorihira: o`okimino mini`e nomaketo uwosuramo
kamiyoyorikoso tsuka`ekinikere


76.梅田雲濱 君が代を思ふ心のひとすぢに吾が身ありともおもはざりけり

umeda umpin: kimigayowo omo`u kokorono hitosujini wagami aritomo
omo`azarikeri

77.吉田松陰 身はたとひ武藏の野邊に朽ちぬとも留め置かまし日本魂

yoshida shouin: mi`a tato`i musashino nobeni kuchinutomo todome
okamashi yamatodamashi`i


78.有村次左衞門 岩が根も碎かざらめや武士の國の爲にと思ひきる太刀

arimura zhizawemon: i`aganemo kudakazarameya mononofuno kunino
tamenito omo`ikiru tachi


79.高橋多一郎 鹿島なるふつの靈の御劍をこころに磨ぎて行くはこの旅

takahashi taichirau: kashimanaru futsuno mitamano mitsurugiwo
kokoroni togite yuku`a konotabi


80.佐久良東雄 天皇に仕へまつれと我を生みし我がたらちねぞ尊かりける

sakura adzumawo: o`ogimini tsuka`ematsureto warewo umishi waga
tarachinezo ta`utokarikeru.


81.徳川齊昭 天ざかる蝦夷をわが住む家として竝ぶ千島のまもりともがな

tokuga`a nariaki: amazakaru ezowo wagasumu i`etoshite narabu
chishimano mamoritomogana

82.有馬新七 朝廷邊に死ぬべきいのちながらへて歸る旅路の憤ろしも

arima shinshichi: mikadobeni shinubeki inochi nagara`ete ka`eru
tabijino ikido`oroshimo

83.田中河内介 大君の御旗の下に死してこそ人と生れし甲斐はありけれ

tanaka kauchinosuke: o`ogimino mihatano motoni shishitekoso hitoto
umareshi ka`i`a arikere

84.兒島草臣 しづたまき數ならぬ身も時を得て天皇がみ爲に死なむとぞ思ふ

kozhima kusa-omi: shidzutamaki kadzunaranu mimo tokiwo ete kimiga
mitameni shinamutozo omo`u

85.松本奎堂 君がためいのち死にきと世の人に語り繼ぎてよ峰の松風

matsumoto keidau: kimigatame inochi shinikito yonohitoni
kataritsugiteyo mineno matsukaze

86.鈴木重胤 天皇の御楯となりて死なむ身の心は常に樂しくありけり

suzuki shigetane: o`ogimino mitateto narite shinamu mino kokoro`a
tsuneni tanoshiku arikeri

87.吉村寅太郎 曇りなき月を見るにも思ふかな明日はかばねの上に照るやと

yoshimura toratarau: kumorinaki tsukiwo mirunimo omo`ukana asu`a
kabaneno u`eni teruyato

88.伴林光平 君が代はいはほと共に動かねば碎けてかへれ沖つしら波

tomobayashi mitsuhira: kimiga yo`a i`a`oto tomoni ugokaneba
kudakete ka`ere okitsu shiranami

89.澁谷伊與作 ますらをが思ひこめにし一筋は七生かふとも何たわむべき

shibuya iyosaku: masurawoga omo`ikomenishi hitosuji`a nanayo
ka`utomo nani tawamubeki

90.佐久間象山 みちのくのそとなる蝦夷のそとを漕ぐ舟より遠くものをこ
そ思へ

sakuma shauzan: michinokuno sotonaru ezono sotowo kogu funeyori
to`oku monowokoso omo`e


91.久坂玄瑞 取り佩ける太刀の光はもののふの常に見れどもいやめづらしも

kusaka genzui: torihakeru tachino hikari`a mononofuno tsuneni
miredomo iya medzurashimo

92.津田愛之助 大君の御楯となりて捨つる身と思へば輕きわが命かな

tsuda ainosuke: o`ogimino mitateto narite sutsuru mito omo`eba
karoki waga inochikana

93.平野國臣 青雲のむかふす極すめらぎの御稜威かがやく御代になしてむ

hirano kuni-omi: awogumono muka`usu ki`ami sumeragino mi-itsu
kagayaku miyoni nashitemu


94.眞木和泉 大山の峰の岩根に埋めにけりわが年月の日本だましひ

maki idzumi: o`oyamano mineno i`aneni umenikeri waga toshitsukino
yamato damashi`i

95.武田耕雲齋 片敷きて寢ぬる鎧の袖の上に思ひぞつもる越の白雪

takeda kau-unsai: katashikite inuru yoro`ino sodeno`eni omo`izo
tsumori koshino shirayuki


96.平賀元義 武夫のたけき鏡と天の原あふぎ尊め丈夫のとも

hiraga motoyoshi: mononofuno takeki kagamito amanohara a`ugi
ta`utome masurawono tomo

97.高杉晋作 後れても後れてもまた君たちに誓ひしことをわれ忘れめや

takasugi shinsaku: okuretemo okuretemo mata kimitachini chika`ishi
kotowo ware wasuremeya

98.野村望東尼 武士のやまと心をより合はせただひとすぢの大綱にせよ

nomura bautouni: mononofuno yamatogokorowo yoria`ase tada
hitosujino o`otsunani seyo

99.大隈言道 男山今日の行幸の畏きも命あればぞをろがみにける

o`okuma kotomichi: wotokoyama ke`uno miyukino kashikokimo inochi
arebazo worogaminikeru

100.橘曙覽 春にあけてまづみる書も天地のはじめの時と讀み出づるかな

tachibanano akemi: haruni akete madzu miru fumimo ametsuchino
hazhimeno tokito yomi idzurukana

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.07.16

内閣不信任案さえ出せない民主党・・・神聖な議場にプラカードとは低俗すぎる

以下は渡部亮次郎氏から配信から配信されたメルマガからの転載である。

                               
━━━━━━━━━━━━━━━
極東の軍国主義に決定的な抑止力
━━━━━━━━━━━━━━━


          杉浦 正章

安保法制9月成立が確定的に
 
70年続いた太平の世が日本に平和は天から降ってくるという「鼓腹撃壌
(こふくげきじょう)の気風をもたらしており、為政者は国際情勢を見極
めて時には国民に苦い薬を飲ませなければならないことがある。

それが岸信介の日米安保条約改定であり、安倍信三の安保法制である。捨
てておけば鼓腹撃壌の民は野党のデマゴーグに踊らされ、衆愚に陥り、日
本は軍国主義の近隣諸国の絶好の餌食になる。

集団的自衛権の導入が確定したことは、極東における軍事バランスに決定
的とも言える変化をもたらす。日米同盟の質は格段に高まり、時が満ちれ
ば尖閣諸島を自国に組み入れ太平洋の覇権を握ろうとする中国を思いとど
まらせ、北朝鮮には対日核ミサイル戦略の見直しを迫まることになろう。

韓国は集団的自衛権の行使が可能となったことで、朴槿恵はあらためて
「反日」路線が北に対峙(たいじ)するためには得策でないことを知る必
要がある。

首相・安倍晋三は参院段階でも2か月にわたり丁寧なる説明をする方針で
あり、やがては国民の理解も深まるだろう。

◇採決は民主主義の王道

15日の安保法制特別委は民主党議員がプラカードを掲げて委員長席に殺
到、まるで国会前のデモ隊が乱入したかのような様相を呈した。辻元清美
は昔の長屋のおかみさんのような金切り声を上げ、みっともなかった。

いずれも言論の府にはあるまじき振る舞いである。しかし民主党に腹が据
わっていれば、安倍内閣不信任案を上程するところであろうが、その度胸
もない。
党内は分裂状態に陥る恐れがあるし、解散されれば態勢が整っていない。
採決強行を民主党は民主主義の破壊と決めつけるが、自民党が公明党と共
に戦後6番目の長時間審議の末に、法案採決に踏み切ったのは、最後は多
数決で決めるという民主主義の王道を選んだものであり、国会運営に何ら
瑕疵(かし)はない。

民主党は3年の政権時代にくだらない法案で十数回の強行採決をしている
ではないか。自分のしてきたことを棚に上げてはならない。

◇対中包囲網に支柱

極東の安全保障環境を俯瞰(ふかん)すれば近隣諸国首脳は安保法制が極
東の安全保障にとって、極めて強い抑止力として作用するものであること
を理解しなければなるまい。

集団的自衛権の行使を容認した日本の存在は、日米同盟が北大西洋条約機
構(NATO)に匹敵する戦争抑止力となり得ることを物語るからだ。GDP1位
と3位の経済力の裏打ちがある上に、日本の海軍力は中国をしのぐとされ
ている。加えて日本と豪州は準同盟国的な関係となっている。

対中警戒心の強いインドも、いざという場合には日米豪準同盟に、参画す
る可能性が高い。要するに安保法制は海洋覇権を目指す中国に対する包囲
網にとって重要なる支柱の役割を果たすことになるのだ。

中国はその覇権戦略の見直しを迫られざるを得まい。軍部の独走もあって
東・南シナ海で傍若無人の振る舞いをしてきた中国は、今後艦船や航空機
に対するレーダー照射など日本を小馬鹿にした挑発行為は慎むだろう。

中国の新華社電は安保法制について「日本がいつでも必要に応じて自衛隊
を海外に派遣し、米軍など他国の軍隊に軍事支援を提供することを認める
内容だ」と伝えたが、この報道の中身は誤解があるにしても、報道自体は
独走する。中国軍部には戦慄が走ったに違いない。これが安倍の目指す戦
争抑止力なのだ。

◇北の核攻撃にどう対処する

一方、鼓腹撃壌の民に分かりやすく説明すれば、北の核戦略への影響であ
る。北は金正恩が指導者になって以来、軍国主義の道をひた走りに走って
おり、2013年には驚くべき宣言をしている。

同年4月10日、朝鮮労働党の機関紙は、「東京、大阪、横浜、名古屋、京
都には、全人口の3分の1ほどが暮らしている」と、5つの都市の名前を
具体的に挙げたうえで、「これは、日本の戦争持続能力が一撃で消滅する
可能性を示す。日本が戦争の火をつければ、日本列島全体が戦場に変わ
る」と核ミサイル攻撃を宣言したのだ。

これに先立ち横須賀、三沢、沖縄の米軍基地も核ミサイルで攻撃すると表
明している。要するにかつてのソ連ですらしたことがない露骨な「核攻撃
宣言」である。

鼓腹撃壌なるが故にノーテンキに東京でデモを行っている人達に、聞いて
みたい。北の核ミサイルは良くて、防御の態勢作りは反対なのか。曲学阿
世なる憲法学者やノーベル賞学者にも同じ質問をしたい。

こうした緊急事態に対処するには集団的自衛権の行使は不可欠なのだ。な
ぜなら北は日本を攻撃する前に米国のイージス艦を攻撃してその戦力を奪
おうとすることは目に見えている。

その際、日本が米艦を防御しなければ、米海軍は北の核ミサイル発射基地
を粉砕出来ないのだ。もちろん核ミサイルにはより精度の高い核ミサイル
で反撃が行われるから、北は事実上消滅するだろう。

そういう切迫した事態が起こらないと言えないのが刈り上げの指導者のい
る北朝鮮なのだ。鼓腹撃壌の民や左翼メディアは目を覚ませと言いたい。

◇朝日の社説は味噌汁で顔を洗え

その鼓腹撃壌を扇動するのは朝日など左傾化メディアだ。16日の朝日の社
説も鼓腹撃壌のトーンで貫かれている。見出しに「戦後の歩み覆す暴挙」
とあるが、これは70年平和でいられたのは朝日が先頭に立って反対した日
米安保条約改定が大きいことが全く分かっていない。

「中国の台頭はじめ、国際環境が変化していることは首相の言うとおり
だ」と初めて安倍の主張を認めたのはいいが「憲法改正の手続きを踏むこ
とが筋道」と結論づけている。

切迫した国際情勢を知っていながら、10年かかりかねない憲法の改正を悠
長にやれというのだ。これは大矛盾の最たるものだ。

集団的自衛権の限定行使は、日本がようやく普通の国に一歩近づいただけ
のことであり、やっと当たり前の国際常識のレベルに達したということだ。

国会の手続きは完璧であり、朝日の言う「法治国家の基盤が崩れる」事は
あり得ない。最後は多数決で決めるのが民主主義国家であり、論説子はお
みおつけで顔を洗って出直した方がいい。

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.15

野党と朝日に安保法制で敗北感が濃厚

安保関連法案の審議状況をみていると無用な神学論争だという印象を免れない。
以下は全て渡部亮次郎氏から配信されたメルマガからの転載である。

            杉浦 正章

会期内成立は確定的に
 
緊迫した政治状況への判断は政治記者にとって“感性”が不可決だが、その
感性を持って安保法制国会を見れば、野党と朝日などリベラル系マスコミ
に敗北感が濃厚だ。

理由の一つは民主党も左傾化マスコミもデモなど外部の運動に頼り始め
た。もう一つは国会で物理的抵抗をしてでも、採決の遅滞を図るような意
気込みが民主党にないことだ。

同党には15日採決をする衆院特別委員会には欠席するが16日の本会議には
出席する動きもあり、腰が定まらない。審議引き延ばしを狙った維新も自
民党に裏を読まれて、不発に終わった。

ここに来て政府・与党は「疾(と)きこと風の如く」に、姿勢を転換。法
案は16日か17日には衆院を通過する見通しであり、9月末までには成立す
ることが確定的となった。

こうなったらデモを扇動するしかないとばかりに民主党幹事長・枝野幸男
が動いた。14日の日比谷の集会に出席して「もはや安倍内閣に権力として
の正当性はない。

党派を超えて連帯し安倍政権の暴挙と戦っていく」と発言、成立阻止に向
けての大衆行動をけしかけた。しかし採決前夜だというのに、集まったの
はたったの1万数千人。

安保条約改定時と比較すれば、最も盛り上がった60年6月15日には全国で
580万人がデモに参加、国会は11万人が取り囲んだ。かつての霞ヶ関の官
僚トップは「安保の時は霞ヶ関の省庁の職員が窓から手を振って応援した
が、今は無関心。手を振る者はいない」と述べる。

たしかに筆者は学生時代にも「アンポハンタイデモ」に参加したが、官僚
や通行人から手を振って支援してもらって心強かった記憶が鮮明だ。

◇群羊を駆り立て虎狼に向かう

民主党代表・岡田克也は「議論すればするほど国民の関心は高まる」と言
うが、実態は希望的観測に他ならない。

民主党は中国戦国策の「群羊を駆り立て虎狼(猛虎)に向かう」という格
言をそのまま実行しているにすぎない。

朝日新聞の論説副主幹・立野純二も語るに落ちた。報道ステーションで
「一つの光明は、多くの若者、サラリーマンが街に出て思いを口に出して
いる。民主主義の成熟が見られる」と述べた。

まさにその「一つの光明」でしかない敗北感を正直に述べてしまったの
だ。しかし光明が「群羊」ではいかんともし難い。シュプレヒコールも
「戦争反対」「9条守れ」だが、自民党幹部は「安倍総理も同じ。戦争は
しないし反対だ。

9条も守ってぎりぎりの範囲で法案を提出した」と述べる。民主党や共産
党が流したレッテル張りに基づくシュプレヒコールが、首相官邸と同じで
はどうしようもない。

◇維新は馬糞の川流れ

一方国会では、まず維新があえなく挫折した。代表・松野頼久らの「陰
謀」が自民党に見抜かれてしまったからだ。松野は独自の法案を提出する
事により、国会審議引き延ばしに出たのがばれてしまったのだ。

「破たんはもともと分かっていた」と松野グループはうそぶいていると言
うが、法案提出権を審議延長の手段に使うというのはまさに“邪道”であろ
う。存在感誇示は不発に終わった。維新は主柱を欠き馬糞の川流れでバラ
バラの状態だ。

民主党も、安倍の出した法案には反対を打ち出したものの、集団的自衛権
そのものについては、党内事情で賛否を表明できず、腰の定まらない論議
に終わった。

同党が取り上げた「自衛隊のリスク」論は、安倍によって「国民のリス
ク」を逆提起され、反論できないままだった。

「歯止め」についても、政府・与党が示した3要件に説得力があり、これ
に加えて「国会の承認」があるわけだから、多数をとれば阻止できる。民
主党は出来るなら阻止すれば良い。

岡田の「武力行使するしないを政府に白紙委任することになる」という主
張は、「徴兵制を導入する」と並んでレッテル張りの双璧だった。

◇石破は総裁候補落第

こうして論戦でも国会運営でも野党の敗北感が漂っており、「群羊」頼み
も事実上不発に終わった。民主党は15日の特別委の採決には維新などとと
もに欠席する。

この欠席戦術はまさに審議放棄であり、本来なら最後まで論戦を張って反
対論を述べるべきだ。「女の腐った」という表現は女に文句言われるか
ら、新造語で言えば「男の腐ったような対応」だ。

さすがにばつが悪いと見えて民主党内には、本会議には出席して反対討論
だけでもすべきであるとの「正論」も台頭しているが、まだ執行部が決め
るかどうかは不明だ。

これにより奇しくも戦後70年と安保改定55年の節目に、戦争抑止に主眼を
置いた安保法制が確定的に実現する流れとなった。

それにつけてもここに来て地方創生相・石破茂が「国民の理解が進んでき
たと言い切る自信がない」と発言、さっそく枝野に「評論家的に言って、
いい子になろうとするのであれば、『石破さん、感じ悪いよね』というふ
うに言われるのではないか。

政治家ならば法案を止めるべきだ」と揚げ足をとられた。初めて枝野の発
言にしてはさえていると感じた。党全体が血眼になっているときに「自信
喪失」はあるまい。こんな発言をするようでは、 石破の総裁候補として
の立場に疑問符がついた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.14

にわか「琉球王」の暴走を嘆く

以下は全て産経新聞からの転載である。独善は首長には許されない。翁長氏は国際法を勉強すべきである。


 「苦渋の選択というのがあんた方には分からないんだよ。国と交渉するのがいかに難しいか」。冒頭の発言は、平成24年11月24日付の朝日新聞朝刊に掲載された翁長雄志氏によるものである。当時はまだ沖縄県知事ではなく那覇市長だったが、米軍普天間基地の名護市辺野古への移設について、翁長氏が県議時代に推進の旗振り役だったことを記者から問われ、逆ギレしているようにも受け取れないだろうか。


 翁長氏の発言はこうも続く。「革新勢力は、全身全霊を運動に費やせば満足できる。でも政治は結果だ。嫌だ嫌だで押し切られちゃったではすまない」「本土は、日米安保が大切、日米同盟が大切。沖縄にすべて押しつけておいて、一人前の顔をするなと言いたい」。

 インタビュー中の逆ギレから火がついたのか、その後もまくし立てた翁長氏の怒りの矛先は、日本政府やヤマトンチュ(本土の人)に向かう。「本土の支援はいらないから基地をどかせ」とばかりに持論を展開した翁長氏は、このインタビューから2年後、辺野古移設容認派だった現職を破り知事になった。


米ワシントンでマケイン上院軍事委員長(右から2人目)らと会談する沖縄県の翁長雄志知事=6月2日(共同)

 辺野古移設をめぐり、就任後も一貫して日本政府と対峙する翁長氏を「沖縄の怒りの代弁者」として持ち上げるメディアは多い。ただ、最近の翁長氏の言動は、怒りを超えた「恨み」のように映ってならないのは気のせいか。辺野古移設阻止に固執するあまり、ただのパフォーマンスに終わった単独訪米や、現政権への執拗なまでの批判は、現実的な判断や理性に欠けていると言わざるを得ない。

 「独善」から「暴走」へと変わりつつある翁長氏の政治姿勢は、良識ある沖縄県民なら誰の目にも不安に映るはずだ。自らの立場を勘違いした翁長氏を通して、沖縄の怒りがヤマントチュに伝えられるのは、それこそ沖縄にとっても不幸でしかない。

 沖縄は、先の大戦末期の激しい地上戦で県民の4人の1人が犠牲となり、日本が独立国として主権を回復した後も、米施政権下に置かれ、わが国の安全保障を一身に背負ってきた経緯がある。

 そんな悲しい過去や、戦後70年たった今も癒えることのない「痛み」と向き合う沖縄をヤマトンチュだって忘れてはいない。むろん、在日米軍基地の74%が集中する沖縄の負担軽減も早急に考える必要がある。だが、強大な軍事力を背景に、わが国を日夜脅かす中国の存在はもはや無視できない。日米同盟を支える米軍基地が沖縄をはじめ日本、国際社会の平和に必要な抑止力を形作っている現実からも、決して目をそらしてはならないだろう。

 わが国の安全保障と国益を無視し、「嫌だ嫌だで押し切ろう」とする翁長氏だが、このままでは完全に「裸の王様」になってしまうのではないか。にわか「琉球王」はともかく、沖縄の良識ある「民意」まで孤立させるわけにはいかない。(iRONNA編集長、白岩賢太)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.12

言論弾圧の冤罪はこのようにして創られる。

以下は全て産経新聞からの転載である。


陳情者は言った。「悪いことをしなくても地獄に突き落とされる。この国では夜も安心して眠れない」


 「留置所から出てきたばかりです。是非お会いしたい」

 数年前にある集会で知り合った陳情者、徐崇陽氏から久しぶりに電話がかかってきた。その声は大きなノイズが交じっており聞きづらかった。

 北京に駐在する外国人記者の電話がすべて盗聴されていることは常識だ。一方、陳情者も当局から重点的にマークされる対象だ。盗聴されている電話同士で会話すると、こうしたノイズが発生するといわれる。

 「拘束された理由はなんですか」と聞いた。「警察にはめられました。悔しいです」と徐氏がいきなり涙声となった。その直後、電話が切れてしまった。

 盗聴していた当局者が「これ以上喋るな」という警告の意味を込めて、嫌がらせとして切ったとみられる。中国で取材するとき、よくあることだ。

 以前に行ったことがある北京の南郊外にある徐氏のアパートを訪ねた。6月上旬のある午後だった。

 ドアを開けてくれたのは徐氏本人だった。約1年ぶりに見たその姿に驚いた。やつれていて体全体が一回り小さくなった。顔から生気が消え、10才ぐらい老け込んだように見えた。右足を引きずっていて、顔や手の甲などに青いあざがあった。取り調べを受けたとき、警察官から暴行をうけたという。

 徐氏の話を約2時間聞いた。以前取材したとき、自分の主張を理路整然と話していた徐氏だが、話が途切れたり、前後が続かなかったり、突然泣き出したりする場面が多かった。留置所での過酷な体験が彼の精神を不安定な状態にしたようだ。

 これまでに多くの陳情者に取材してきた。土地を強制収用された農民や、家族が警察に殺害された労働者などは、ちゃんとした教育を受けたことのない人がほとんどだ。自分の事情をうまく説明できないし、法律も知らない。

 その中で、徐氏は異質な存在だった。父親は大学の学長を務めた元共産党幹部で、母親は画家だった。徐氏は解放軍の将校を経て、1990年代に湖北省で運輸会社を立ち上げ、親族のコネなどを利用して、瞬く間に事業を拡大させ、数年で複数のタクシー会社、レストランを経営する地元では有数の企業家となった。個人の資産総額は最大時、1億元(約21億円)を超えた。

 事業をさらに拡大させようとして、徐氏はある共産党指導者の親族が経営する企業と提携したことが転落のきっかけとなった。最後は相手に騙された形で、企業を乗っ取られ、ほぼ全財産を失った。

 北京にやってきて陳情者となったのは2003年ごろだった。警察と検察に門前払いされ続けても、財産を取り戻そうと執拗に陳情し続けた徐氏は2011年に、詐欺容疑で逮捕され、17カ月も投獄された。

 「知人との金銭トラブルを当局が拡大解釈して詐欺罪にした。陳情をやめさせようとしてでっちあげた冤罪だ」と主張する徐氏は出獄後、逮捕と起訴の手続きに不備があったとして、警察に損害賠償と謝罪を求める訴訟を起こした。

 中国で警察を訴える裁判は珍しいため、外国メディアからも注目された。産経新聞が徐氏を取材したのもその頃だった。ある日、裁判所から出てきた徐氏、支持者だと自称する十数人の男女に囲まれた。一緒に記念写真を撮ることになった。実はこの写真撮影は、警察側がしかけた罠だったという。前列中央に立つ徐氏に気付かれないように、後ろ列に立つ複数の人が密かに「香港のデモを支持する」と書かれた紙を掲げた。

筆者注  としないと日本語としてはおかしい。


 この写真などが証拠となり、徐氏は逮捕された。中国国内で香港のデモを支持する言動はすべて違法行為とされ、徐氏は主犯の一人にされた。

 警察当局が徐氏をはめた目的は、警察への訴えを取り下げさせることだった。8カ月収監されたあと、徐氏は警察の要求を受け入れて釈放された。「これからも陳情を続けるつもりだが、勝ち目はないだろう」と徐氏は寂しそうに言った。

 別れ際、「何も悪いことをしなくても地獄に突き落とされることがある。この国の金持ちも貧乏人も、夜は安心して眠れない。金があったとき、アメリカに移民すればよかった」ともらしたことが印象的だった。

(中国総局 矢板明夫)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.07.03

民主党に「言論統制」を批判する資格があるのか? 政権時の言論封殺の数々…

以下は全て産経新聞からの転載である。

民主党に「言論統制」を批判する資格があるのか? 政権時の言論封殺の数々…


衆院平和安全法制特別委員会で、沖縄タイムスの紙面を手に自民党勉強会の発言を追及する民主党辻元清美委員Prm1507030007p1jpg_tsujimoto


=6月26日、衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)


 民主党は今、「言論統制」批判の大合唱だ。自民党若手議員の勉強会であった報道機関に圧力をかける発言をめぐり、安倍晋三政権への攻勢を強めている。岡田克也代表は「自民党のおごりだ」と批判し、安住淳国対委員長代理は「マスコミをコントロールできると思っていること自体が常識がない」と鼻息が荒い。

 自民党若手の私的な会合の発言で、党総裁の安倍首相に謝罪を求めているが、果たして民主党は今回の問題を批判する資格はあるだろうか。物忘れが激しい人たちが多いようなので、民主党政権時代の数々の「言論統制」や「報道への圧力」を調べてみた。

 以下に列挙するもの(いずれも肩書は当時)は、内輪の会合での一議員の発言ではなく、首相や閣僚、党幹部らによる公式の場での出来事ばかりである。都合の悪いことは忘れ、立場が変われば、天につばするような批判を平気でできる神経のずぶとさにはあきれるやら、感心するやら…。厚顔無恥でなければ野党議員は務まらないようだ。
◆ ◆ ◆

 【(1)菅直人首相の質問拒否】

 平成22年6月8日に就任した菅首相は就任記者会見で、いきなり「ややもすれば取材を受けることによって、政権運営が行き詰まる」と述べ、取材を忌避する姿勢をあらわにした。当時ルール化していた原則毎日行う「ぶら下がり取材」にも消極的で、同年11月18日には、首相秘書官が報道陣に「通告外の質問をするなど信頼関係を壊すことがあった場合は、その場でぶら下がりを打ち切る」と一方的に言い渡した。

東日本大震災発生後の23年4月12日の記者会見で、産経新聞の阿比留瑠比記者が「野党協議も震災対応も最大の障害は首相だ。一体何のために地位にしがみついているのか」と質問すると、「私とあなたとの見方はかなり違っている」とはぐらかした上、その後の記者会見では挙手する阿比留記者の質問を一切受けようとしなかった。

 【(2)「尖閣衝突事件」映像の公開拒否】

 22年9月7日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海内に侵入した中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突する事件が起きた。菅政権は漁船が意図的に体当たりしたことが明瞭に分かる海保撮影の映像の一般公開をかたくなに拒み、「国民の知る権利」に応えなかった。

 ところが、11月4日に海保職員によって、その映像がインターネットに流出した。それでも民主党政権は一般公開を拒み続けた。映像の全面公開が実現したのは25年2月、安倍政権になってからだった。

 岡田氏は鳩山由紀夫政権の外相として記者会見へのフリー記者らの参加に道を開いた。しかし、民主党幹事長を務めた菅政権では、映像公開の是非について「政府が決めることだ」などとだんまりを決め込んでいた。

 【(3)民間人発言排除の防衛省通達】

 防衛省は22年11月10日付で「隊員の政治的中立性の確保について」と題する事務次官名の通達を出した。「政治的行為と誤解されることを行わないよう参加団体に要請」「誤解を招く場合は参加を控えさせる」といった内容だった。

 きっかけは11月3日、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)が開いた航空祭で、自衛隊を後援する民間団体「航友会」の会長が尖閣衝突事件での政府対応を挙げ、「民主党政権は早くつぶれてほしい」とあいさつしたことだった。自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを図った形だ。

 民主党の長島昭久氏らが「撤回すべきだ」と主張したが、北沢俊美防衛相は拒否。表現の自由を規制する「常識外れ」の通達を行ったときの防衛副大臣は安住氏だった。これも安倍政権になった25年2月、小野寺五典防衛相が「おかしな通達だ」として撤回した。

 【(4)仙谷由人官房長官の「盗撮」批判】

 仙谷官房長官は22年11月9日の衆院予算委員会で、自身が持ち込んだ手元の資料を新聞社が撮影し、掲載したことを「盗撮だ」と批判した。撮影は当然、国会の許可を得て行われていた。

 仙谷氏は同月12日の衆院内閣委員会で「撤回する」と述べたが、謝罪は拒否。それどころか「国会内の撮影許可の趣旨はカメラが今のように非常に細かいものまで撮影できる時代の許可ではなかった。時代とともに撮影のあり方も考え直す必要がある」と述べ、写真取材の規制強化に言及した。

 【(5)松本龍復興担当相の「書いた社は終わり」発言】

 松本復興担当相が23年7月3日に宮城県庁を訪れて村井嘉浩知事と面会した際、応接室で待たされたとして「お客さんが来るときは自分が入ってから呼べ。長幼の序が分かっている自衛隊(村井知事がかつて所属していた)ならやるぞ」と発言した。

 それだけでなく、面会の取材をしていたテレビカメラに「今の部分はオフレコな。書いた社はこれで終わりだから」と恫喝(どうかつ)した。公開の場でだ。松本氏は同月5日に辞任した。

 【(6)輿石東幹事長の「情報管理」発言】

 野田佳彦政権の発足で23年9月2日に就任した鉢呂吉雄経済産業相が東京電力福島第1原発事故の現場周辺を「死の町」と表現し、被災地視察後に記者団に「放射能をうつしてやる」などと発言した。

 鉢呂氏は10日に辞任したが、輿石幹事長は報道した民放関係者を事情聴取。12日の記者会見では「報道のあり方について皆さんも、もう一度考えてもらいたい」と、報道に問題があるとの認識を示した。13日の党代議士会では「マスコミ対応を含め情報管理に徹底していきたい」と宣言している。

 【(7)前原誠司政調会長による産経の記者会見排除】

 前原政調会長は24年2月23日、産経新聞が『言うだけ番長』などと報じた前原氏に関する記事を「ペンの暴力だ」として、定例会見から産経新聞記者の出席を拒否した。前原氏は同月28日に撤回した。

 【(8)人権救済法案の閣議決定】

 野田政権は24年9月19日、新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を新設する人権救済法案を閣議決定した。11月9日に国会提出したが、直後の衆院解散により廃案になった。法案には民主党内でも「人権侵害の拡大解釈で憲法21条の表現の自由が侵される恐れがあり、言論統制につながる」などの反発が根強かったが、野田政権は提出を強行した。


記憶を頼りに、少し調べただけでも8例あった。繰り返すが、これは全て公開の場の出来事だ。当時の民主党幹部らによる非公式の産経新聞への「圧力」を挙げればきりがなく、現実の圧力にはなっていない今回の問題の比ではなかった。

 8例のうち、産経以外のメディアも大きく取り上げたのは、尖閣映像の公開拒否と松本氏の恫喝ぐらいだった。民主党政権の「言論統制」には比較的寛容だった朝日新聞や毎日新聞、東京新聞が現在、自民党の問題を連日盛んに取り上げることに違和感を覚える。

 そもそも自民党の一議員の発言で本当に萎縮すると思っているなら、報道機関であることを返上した方がいい。
.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »