« 沖縄は悲劇の島なのか? | トップページ | 京大吉田寮老朽化により解体まじか »

2015.08.16

安倍総理の8.14談話に喝采

渡部亮次郎氏から配信されたメルマガに掲載されいる以下の所論に同感である。

━━━━━━━━━━━━━━━━
安保法制を考え「小の虫」を殺した
━━━━━━━━━━━━━━━━


           杉浦 正章

抗日記念式典に条件付き参加も考慮

ついにあの強気の首相・安倍晋三ですら「お詫び」に言及するに到った。
日本軍国主義の「業(ごう)」がいかに根深いかを物語る。軍部独走の
「悪業(あくごう)」が祟りにたたり、戦後ODA(政府開発援助)を4兆円
積み上げ、技術援助までする「善業(ぜんごう)」を重てもまだ詫びなけ
ればならない。

自民党政調会長・稲田朋美が「未来永劫(えいごう)謝罪するのは違う」
と慨嘆するのも無理からぬものがある。しかし和解へと動くかに見える極
東情勢や佳境に入りつつある安保法制を考えたら、首相・安倍晋三は自ら
の政治信条という小の虫を殺して、大の虫を助けざるを得ないのだろう。
小異を残し大同につくのだ。風圧を耐えるその姿勢には「男の哀感」が漂
うように見える。

確かに過去のお詫びの例を挙げれば、昭和天皇がホワイトハウスの晩餐会
で「私が深く悲しみ(regret)とするあの戦争」に始まって、村山談話も
小泉談話も「私」が主語になっている。

しかし安倍の場合は核心部分に「私」がない。「我が国は、先の大戦にお
ける行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表
明してきました」の主語は我が国。

「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する
手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別
し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない」
も「私は・・・と思う」の形態を取らない。

野党や朝日はこれをとらえて難癖を付け始めている。日本のメディアが難
癖を付ければ韓国や中国のメデイアはこれを増幅させる構図が生じつつある。

どうしてこうなったかと言えば、戦後の日本のODAや技術援助に「お詫び
のしるし」という“のし紙”を付け忘れたからだ。狡猾なる周辺諸国はのし
紙が付いていないから天からの当然の贈り物として受け止め、近代国家へ
の脱皮ができたことで日本に感謝することなどあらばこそだ。

日本人は人が良すぎるのであろう。主語がない理由は、安倍が社会党の村
山談話などに同調することを渋る、リラクタントであったことを意味する。

安倍は当初から「侵略の定義はない」「同じものを出すのなら名前だけ書
き換えればよいだけの話になり、談話を出す必要がない」と述べている。

閣議決定をやめて「首相の談話」にしたがったのもリラクタントを物語る
ものであろう。

だからといって朝日が15日の社説で「この談話は出すべきではなかった」
と全面否定し、何でも反対に先祖返りした村山富市が「焦点がぼやけて、
村山談話を引き継いでいない」と左翼教条主義丸出しの批判をするほど無
意味かと言えば全く違う。

冒頭述べたように「あの安倍」ですら「お詫び」の言葉を使わざるを得な
いと言うことは、日本人の大半がお詫びの気持ちを持っているということ
である。

加えて安倍はおわびをしないことが「戦争法案」のレッテル貼りをいよい
よ強めることに思いが到っていたのであろう。談話の中で繰り返し「平和
国家」路線の維持を表明したのも、安保法制への誤解を解く意思が明確に
見られる。

そもそも閣議決定した首相談話に痛切な反省、心からのお詫び、侵略、植
民地支配が入っていることは重く受け止めるべき問題である。

間接的であろうが何であろうが、文字が入っただけでもこの場合重要な意
義を持つのだ。こともあろうに被害者の外国ではなく国内から次から次に
要求拡大の声が出るのは、政権揺さぶりという魂胆が透けて見えるのであ
り、外交問題を自らの闘争の手段とするような卑しさが丸見えではないか。

朝日も、毎日も、東京も日本の新聞なら、他国のメディアを煽るような態
度を取るべきではあるまい。
安倍の選択はオーストラリアの盟友、首相・
アボットが歓迎の意を表明し、インドネシア外務省までがNHKに「痛切な
反省を尊重し敬意を示す」ともろ手を挙げて歓迎しているではないか。
「常識ある国」では十分通用する表現なのだ。

中国も、メディアは朝日などにつられて厳しい対応をしているが、共産党
政権は歴史認識追及はそろそろ打ち止めにしたい感じが出ている。バブル
が弾けて、日本からの投資が激減していることを何とか是正したいという
のが本音だろう。

3月の全人代も「70周年を和解の年にする」との方向を打ち出している。
中国国家主席・習近平も安倍との2回目の会談で、「9月3日の抗日戦争
勝利記念日でも、今の日本を批判する気はない」と述べ、安倍を記念行事
に招待した。

安倍は9月3日前後の会談を検討しているが、14日のNHK番組で「行事が
反日的なものではなく、融和的な行事になることが前提ではないかなと思
う。3回4回と回を重ねて行きたい」と発言、条件次第では3日の記念日
でも訪中する意向をほのめかしている。

ロシア、韓国以外では、ろくな国が参加しない式典が一挙に盛り上がり、
習近平のメンツは立ちすぎるほど立つ。恩を売るにはもってこいだ。

さらに安倍は10月にもあると予想されている「日中韓3国首脳会談につな
げてゆきたい」とも述べた。朴槿恵がどう出るかは未知数だ。

例によって悪意丸出しの韓国メディア報道の影響を受けるか、無視して朴
自身の活路を切り開くかの選択を迫られているのが実態だろう。今こそ中
韓両国も安倍と同様に小の虫を殺して大局を選択すべき時だろう。

朴が安倍の陳謝にもかかわらずさらなる要求を拡大するなら、もう勝手に
すればよい。極東の小国がひたすら孤立化の道を歩むことになるだけで、
朴は何も打開できない大統領のままその任期を終えることになる。


|

« 沖縄は悲劇の島なのか? | トップページ | 京大吉田寮老朽化により解体まじか »

この所論に共感してリンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21904/62092701

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の8.14談話に喝采:

« 沖縄は悲劇の島なのか? | トップページ | 京大吉田寮老朽化により解体まじか »