«  中国発大不況のいま | トップページ | 猪瀬氏の名指ししたA氏の素性を知りたい »

2016.01.29

政界に蠢く怪しげな大臣秘書達・・・


以下の二つの記事を読むと甘利大臣の突然の辞任の裏に隠された真相は二人の怪しげな大臣秘書の仕掛けた罠であることが良く判る。

以下二つの記事は全て渡部亮次郎氏より配信されたメルマガからの転載である。

━━━━━━━━━━━
甘利大臣は嵌められた!
━━━━━━━━━━━
     池田 元彦

これは緻密な計画に基づく嵌め業だ。URとの仲介を求めた相手に対し音声 録音、文書記録、渡した紙幣の記番号コピー、加えて面談現場写真を撮る とは、当初から意図的に用意周到に仕組んだ謀略だ。文春への告発者一式 武氏も甘利大臣秘書の清島健一氏も何故雲隠れするのだ。

集られたと本気で告発するなら、相手は警察だ。それを週刊文春に膨大な 証拠を渡し、事細かく説明し特ダネ献上するのは、甘利大臣をターゲット に選び、最早独走体制にある自民党を混乱させ、7月の選挙での大逆転を 画策する一味かその回し者、或は支援する工作スパイしかいない。

週刊文春記事等によれば、2013年11月14日に「大臣室で甘利大臣に面会。 桐の箱に入った羊羹と一緒に、封筒に入れた現金50万円を『これはお礼で す』と渡し、14年2月には神奈川県大和市の事務所でも50万円渡した」と のことだ。この各50万円は明らかに大臣を狙った犯行だ。

2回で100万円渡し、甘利大臣と一緒に写真を撮るとは証拠写真の意図丸見 えだ。後の千百万円はどうでも良い話だ。甘利事務所・自民党への献金 か、清島秘書の懐か、清島等秘書達とのパブ等での遊行接待に使った費用 だ。清島秘書は強制、或は自主的に共犯化したと推測される。

薩摩興業は50年前創業だが高々資本金1千万円、従業員5名の型枠大工業 だ。URとの係争は薩摩興業の借地部分を地主が勝手にURに売却したことに 端を発するが、清島秘書の口利きで薩摩興業はURから2.2億円をせしめ た。これは利権仲介ではなく、クレーム支援だ。

口利き料は暗黙で3%‐5%が一般だと言う。12百万なら、4億円程の利権 (例えば工事落札額)への謝礼となる。URへの2度目のクレームは1.3億円 産廃撤去費補償の回答しかなかった。要はクレーマー薩摩興業の仕掛け人 が一色氏であり、それに載せられたのが清島秘書と言う構図だ。

清島秘書は江田憲司国会議員の秘書で、江田議員落選時に甘利大臣秘書と なったが、金の匂いを嗅ぎ分ける永田町一のワルと永田町筋では評判と言 う。一色氏の当初の接触は、薩摩興業の件ではなく外国人ビザ申請で利便 を図って貰うことだった。そもそも怪しいお仕事関係者のようだ。

薩摩興業の敷地真南部分東西600m区間は、千葉県道189号線未完成部分 だ。千葉ニュータウンの為に30年前から建設するも、薩摩興業南側東西計 600mの工事が未だ工事中なのだ。偏にこの辺りの地主が頑としてURに売却 しないからだ。薩摩興業はその地主からの借地者だ。

薩摩興業及び土地の地主、そして一色氏は、売却・移転拒否や工事への 様々なクレームで億単位の補償金をせしめ、未だ以て県道完成を邪魔して いると第3者的には見える。そして、甘利大臣退任を引出し自民党混乱・ 参議院選大敗を狙うと思われる、黒幕は誰か、何れ判るだろう。

日経新聞とTV東京が22~24日に世論調査をした。自民党支持率は前回調査 から1ポイント低下の47%、不支持率は34%で2ポイント低下した。11月 以降横這いだ。甘利大臣の金銭授受疑惑の報道直後だが、支持率に影響は なかった。国民は、この悪辣な謀略に騙されていない。

一色氏は、数年前からこの事件とは関係ない形で、甘利大臣の事務所に、 自身の名前でも政治献金を毎年繰り返していた御仁だ。継続は力なり、甘 利大臣も気を許していたに違いない。これが本当に謀略であるなら、かな り根深い謀略だ。

近年反対勢力以外に、海外反日国家からの謀略指示、支援も有り得る。政 治家はご用心の程を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダメージ最小の電撃辞任、野党に肩透かし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

杉浦正章

“捨て身”の甘利に自民に同情論
 
「潔い。滅私奉公の古武士を見る思いだ」と自民党幹部が漏らしているが、前経済再生担当相・甘利明は自らを捨てて政権にとって一番ダメージの少ない選択をした。

勢い込んでいた野党は肩透かしを食わされ、前につんのめった。短期的には後産のような痛みが続くだろうが、野党は景気後退に直結する来年度予算を人質に取ることは出来まい。野党が頼みとするマスコミもさらなる追及をして政権を揺さぶる動きには出まい。

したがって早晩国会審議は安定軌道を取り戻し、首相・安倍晋三の支持率も大きなダメージを回避できるだろう。安倍はデフレ脱却の瀬戸際の経済や、サミットを軸とする外交、さらには夏の国政選挙に向けての基盤作りに専念できる。

甘利の突然の辞任は報道ステーションの古舘伊知郎が「私たちマスコミはもっぱら辞任しないと読んでいた。大きく外れた」と反省の弁を述べていたが、一キャスターに「私たち」などとは言ってもらいたくない。

ちゃんと見通した者もいる。それにしても朝日も読売も全国紙はおしなべて慎重な報道を続けた。というより「辞任へ」と踏み切る読みをする政治記者がいなかった

最近の政治記者はこまっちゃくれているばかりで度胸と、政治記事に不可欠な「動物勘」がない。朝日は29日の朝刊で「数日前に辞任を覚悟」と見出しを取っているが、そんなことを知っていたらなぜ報道に反映しないかと言うことだ。

読売は渡辺恒雄が安倍と本社で会食するなど極めて親しいこともあってか、最初からかったるい控えめの報道であった。

甘利の引退表明はさすがに第一級政治家としての矜恃と潔さを感じさせるものであった。「国政に貢献をしたいとの自分のほとばしる情熱と、自身の政治活動の足下の揺らぎの実態と、その落差に気が付いたときに、天を仰ぎ見る暗澹(あんたん)たる思いであります」は、田中角栄の首相退陣声明の中の「一夜,沛然として降る豪雨に心耳を澄ます思い」を思い起して格調が高い。

「私自身に関わることが、権威ある国会での、この国の未来を語る建設的な営みの足かせとなることは、閣僚・甘利明の信念にも反します」はまさに「滅私奉公」の思想だ。「政治不信を、秘書のせいと責任転嫁するようなことはできません。それは、私の政治家としての美学、生きざまに反します」も文学的で、説得力がある。

筆者は大和市に住んでいるが、これを聞いて次回の選挙は甘利に一票を投ずる気になった。選挙区では同情論が強く、選挙があれば大量票を獲得するかも知れない。

古くは田中角栄、最近では小渕優子の大量票獲得の例がある。安倍は選挙の洗礼を経れば、再び甘利を重要ポジションに据えられる。ダブルなら甘利は半年の辛抱だ。

様々な裏話が出ているが、朝日の話が一番面白い。安倍が「例え内閣支持率が10%下がっても続けてもらいたい」と励まし、甘利は「この言葉にかえって迷惑をかけられないと思った」というものだ。

誰でも首相から「私の支持率が下がっても続投せよ」と言われたら、ヤバイと思うことは間違いない。自民党内の反応を探ると、圧倒的に甘利に対する同情論が強い。

甘利はまさに「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある」という極限の選択をしたことになる。政治資金報告に合計100万円の記載があるのだから、議員辞職の必要は無い。

野党は民主党幹事長・枝野幸男が「これで幕引きというわけにはいかない。1週間もかばい続けた首相の責任は大きい」と感情論丸出しの反発をしているが、安倍は何も1週間かばい続けてはいない。

逆に説明責任を求めている。それに1週間で辞任は最速の部類に属する。野党は閣僚辞任で振り上げた拳を降ろす場所がなくなったのが実態だ。

「幕引きというわけにはいかない」のなら予算を人質に取るのか。やってみるが良い。この景気の正念場で予算の早期成立は国家的な必須課題であり、野党が審議ストップに出るなら、マスコミの矛先は野党に及ぶだろう。

最速辞任の重要ポイントは安倍が夏の参院選挙を衆参ダブル選挙にすることが可能な選択肢を維持したことであろう。辞任しないままずるずるとダブル選挙をやれば、相乗効果どころの話ではない。

衆参相殺効果をもたらし、政権を失いかねない危機に直面する可能性があった。安倍がダブルの可能性を残したのは政局運営にとって大きなプラス材料となるだろう。なぜなら自民党衆院議員の緊張感を維持出来るからだ。

甘利の後任の元自民党幹事長・石原伸晃は、有能ではあるが、あの病気が再発しないかと心配である。あの病気とは「失言症」である。「胃ろう発言」や「金目発言」を繰り返せばまたまた大問題になりかねない。

よほどきつく戒める必用がある。反安倍の朝日は社説で「幕引きにはできぬ」と吠えているが、読売は社説「政権とアベノミクスを立て直せ」で野党に内政、外交両面での建設的な論戦を求めている。

|

«  中国発大不況のいま | トップページ | 猪瀬氏の名指ししたA氏の素性を知りたい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政界の黒い金事件のダイジェスト版としてライブドアーニュースから以下の記事を全て転写して保存しておこう。
「黒い金」ランキング!甘利氏、辞任までの舞台裏 疑惑の相場から見える「カネの裏面史」
2016年1月29日 22時40分
Forbes JAPAN
「法律違反ではないから、辞任する必要はない。(内閣に)残ってほしい」。1月28日に建設業者からの金銭授受で辞任した甘利明前経済財政・再生相に対して、安倍首相ら官邸側はそう言って慰留したという。その数日前、官邸側には、甘利氏の疑惑への調査報告の内容が伝わっており、「問題なし」「乗り切れる」と判断したのだ。

しかし、何を根拠に官邸側は「逃げ切れる」と思ったのだろうか?

当初、甘利氏や自民党内から出てきたセリフが「罠にはめられた」だった。ところが、週刊文春内部でいきさつを聞くと、「罠」ではない。

「今回取材した記者は、告発した建設会社の総務担当者と過去に会ったことがあり、別件で話を聞きに行った。すると、業者は政治家の名前を伏せながら、政治案件の仕事をしていると匂わせたのです。記者が詳細を聞こうと質問を重ねるうちに、できすぎた話に思えて、話は信用できないと判断したのです」(週刊文春関係者)

話を信じてもらえなかった業者は、「ちゃんとアポも取っている」と、手帳を見せながら、事実だと主張。手帳に視線を落とすと、確かに甘利氏の秘書との約束が記されている。そこで記者は、この業者に内緒で、アポイントがある場所に本当に業者がやって来るか、こっそりと確かめに行ったという。そこから記者たちの追跡が始まったのである。

つまり、業者がネタを持ち込んだのではなく、週刊文春が、追跡、裏取り、業者への説得を数ヶ月かけて行ってきた。「カネを渡した方も罪に問われる可能性があり、罠にかけるメリットはなく、実名告発は勇気がある行為」(同前)というのだ。

記事の第一弾が報じられると、「罠」説を紹介するメディアもあったが、甘利氏への同情どころか、「あっせん利得処罰法」や「政治資金規制法」への抵触を指摘する声が浮上。そこで永田町で囁かれていた着地点が、「政治資金規正法により、秘書を処罰」であった。

結果は、甘利氏の会見をまとめると、「甘利氏が受け取った計100万円は秘書に政治資金として適正に処理するように指示したが、今後、正確な日付に訂正する。秘書は口利きは否定したが、秘書が受け取った500万円のうち、300万円は私的に流用」である。

口利きはやっていないし、建設業者とトラブルを抱えていたUR(都市再生機構)やその所管である国土交通省の官僚へ指示はしていないので、罪には当たらず、閣僚を辞任することで決着―――。これが甘利氏の最終着地点となった。週刊文春の記事にあった、秘書が業者にたかった接待など遊興費も含む総額1,200万円については明かしていない。

では、この顛末を、過去の金銭授受疑惑と比べると、何が見えてくるだろうか。ロッキード事件以降40年間の「疑惑のカネ」とその結末を金額順にランキング化してみた。

まず、見えてきたのは、時代とともに袖の下の額が小さくなっている点だ。鈴木宗男事件(2002年)や「防衛省の天皇」と呼ばれた事務次官・守屋武昌事件(2007年)など記憶に残る大騒ぎとなった事件は、意外にもランク外。巨額の贈収賄が減っている原因は、大型公共工事が減り、不正献金という危険をおかすメリットがなくなっているのだろう。

次に、政界や業界に睨みをきかす「ドン」がいなくなったことも挙げられる。ドンの不在で、“黒いカネの一極集中”がなくなっているのだ。2009年の西松建設事件では、小沢一郎氏への3,100万円が突出しているが、他に西松側から献金を受けた政治家17人のうち14人が1,000万円以下。「薄く広く」という献金方法で、相場が下がっていると言える。

今回の甘利氏の一件では、秘書がフィリピンパブでの接待を求めるなど、「たかり」まで小粒化している。相場の下落から政治家の重みがなくなったと言えるだろうが、果たしてそれがいいことかどうか。このランキングを見て、皆さんはどう思うだろうか。
「黒い金」ランキングトップ10
(以下左から、政治家名、事件名、贈賄をした産業、金額 → 判決や結末)

1.田中角栄(1976年 ロッキード事件、航空) 
5億円 → 本人否認のまま、懲役4年、追徴金5億円の有罪判決

1.金丸信(1992年 東京佐川急便事件、運輸)
5億円 運輸 政治資金規正法違反で罰金20万円。世論の批判が高まり、議員辞職

3.橋本龍太郎ら橋本派幹部(2004年 日歯連不正献金疑惑、歯科医の政治団体)
1億円(小切手) → 政治資金規正法違反で、会計責任者らが逮捕

3.石井亨(1993年 ゼネコン汚職事件、建設業)
1億円 → 仙台市長時に複数の大手ゼネコンから賄賂。有罪、服役

5.竹内藤男(1993年 ゼネコン汚職事件、建設業)
9,500万円 → ゼネコン4社から賄賂。逮捕起訴されたが、病気によって公判停止

6.阿部文男(1991年 共和汚職事件、鉄骨加工)
9,000万円 → 有罪判決を受けたが、病気のため刑の執行は停止

7.田代富士男(1988年 砂利船汚職事件、業界団体)
7,000万円 → 執行猶予つき有罪判決。本人は議員辞職

8.岡光序治(1996年 特別養護老人ホーム汚職、福祉)
6,000万円 → 補助金の交付で利益供与。逮捕、服役後、起業

9.村上正邦(2000年 KSD事件、財団法人)
5,000万円 → 自民党離党議員辞職後に逮捕。公判で上告したものの、棄却、服役

10.小沢一郎(2009年 西松建設事件、建設業)
3,100万円 → 秘書が政治資金規正法違反で逮捕

番外編:1988年リクルート事件(人材)
逮捕された政治家は藤波孝生元官房長官ら2名だが、90人以上の議員に未公開株が配られた。譲渡された株の売却益は計6億円。中曽根康弘、宮澤喜一、安倍晋太郎、森喜朗、加藤紘一など大物議員が続々登場。「名義を貸しただけ」「秘書がやった」という言い訳が話題に。売却益で1億円以上を得た議員もいるという。

投稿: 早島潮 | 2016.01.30 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21904/63137085

この記事へのトラックバック一覧です: 政界に蠢く怪しげな大臣秘書達・・・:

«  中国発大不況のいま | トップページ | 猪瀬氏の名指ししたA氏の素性を知りたい »