« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017.08.16

身辺整理

SDHDを整理した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三池ケアパートナーのデイサービス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈没事故

中村ボート部長殿、吉田濃青会会長殿、武田理事長殿

沈および転覆防止対策として、過去に見聞、体験した実例を紹介します。


1 荒天対策に出発時から波よけの常設を

 ある荒天のレガッタで、某クルーが舷側の波よけキャンバスのほかに、

波よけ対策として、バウの後ろに立派な三角錐状の屏風の波よけを

ガムテープで取り付けていました。

琵琶湖が一瞬にして荒れることは、62年前、竹生島ー長浜間で経験済み

です。天気図が好天の予想でも、周航艇にはこのバウの背後の波よけと

舷側の波よけキャンバスは出発時から付けておいてはどうでしょうか。

2 スイープであれスカル艇であれ、リガーにペットボトルをつけて置く。

 嘘のような本当の事例です。

 鶴見川の名漕手吉田さんと今本さんの2Xがどうしても勝てない相手に

 O氏とS氏(中大OB)のペアがいます。全日本マスターズでは一流です。

 二人は中肉中脊、エルゴも吉田さん今本さんに劣ると聞いています。

 ところが水上ではツヨイ。これは漕艇力は体格やエルゴで劣っても

 漕艇技術や体力といった要因があるのではないかと、監督やコーチの

 漕手選抜の参考になるでしょう。

 本題はこのスイーパーだったS氏がシングルスカルに挑戦した時の

 練習方法です。かれは転覆防止のために両舷のリガーにペットボトル

 を結わえて、転覆を防止したそうです。たった2本のボトルですが

 効果は大きかったようです。

 周航艇は6人です。両舷に6個づつボトルをつけて、転覆実権を

 してみてはどうでしょうか。効果大の予想がします。

 スカルでない場合でも、両舷に3個づつあれば、長いオールと

ともにかなりの復元力になりそうな気がします。

 名スカラーの練習実話が、今後の事故防止対策になりそうです。

3 水の掻き出しにはスポンジが便利

 小生は東大戦でチンした不名誉な経験があります。その時は

 荒天でしたが舷側にキャンバスを張るだけで出艇。掻き出す

桶は持っていませんでした。

 以後荒天時にいろいろ試しましたが、最も効果のあるのは全員が

 スポンジを持って乗艇し、少しでも溜まると自分の足元を吸い上げ

 ることです。スポンジは片手で絞り易く、こまめに出せばよい・

 飲料水を入れる袋に入れて乗れば、足元における。

 小生は平素ウエストポーチにプライヤーと共に入れています。

 周航の際には大型のスポンジを持てばよいでしょう。

以上は過去の体験談です。

ご参考までに

大杉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三池ケアパートナー

デイサービスを受けた。顔馴染みになった人から前歴を聞き出していく。用地買収をしていた高橋氏
は囲碁が強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆の帰省

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車いすガ届いた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.10

 櫻井よしこ女史の卓見

           櫻井よしこ

「強硬姿勢の中国はじめ周囲は深刻な危機 獣医学部新設と加計学園は問 題ですらない」

衆院予算委員会の国会閉会中審査で、民進党の櫻井充議員が参考人に、 「出て行け!」と、罵声を浴びせた。

氏の暴言も驚きだが、安倍晋三首相の態度や言葉遣いが傲慢だと批判して いた「識者」や評論家、ニュース番組の司会者までもが野党議員の暴言に は全く苦言を呈しなかったことも驚きだった。明らかなダブルスタンダー ドである。

国会議員もメディアも獣医学部新設問題を岩盤規制打破の観点を置き去り にして、倒閣運動の材料であるかのように見ているのではないか。メディ アや言論人の本来の責任を放棄したかのような偏向した議論に日本全体が 熱中する間、日本周辺に危機が迫っている。

7月に入って中国の脅威が新たな段階に入っている。2日には中国海軍の調 査艦が通常と異なるルートで津軽海峡のわが国領海に侵入した。狭い津軽 海峡については全海域を日本の領海・排他的経済水域とすることも可能 だ。しかし、わが国はまん中を公海として開放しており、各国の軍艦の航 行を許しているが、中国艦は日本の陸地にぐっと近づき領海侵犯を続けた。

15日には中国海警局の公船2隻が対馬海峡の東側、東水道で領海侵犯を2度 繰り返した。2日後、この2隻は津軽海峡の領海に2回、侵入した。

対馬東水道及び津軽海峡での領海侵犯は初めてだ。中国の意図を、シンク タンク「国家基本問題研究所」企画委員、太田文雄氏は北極海航路の開発 に向けた動きだと見る。

米国、ロシアを筆頭に、北極海では凄まじい権益争いが進行中だ。中国に とって北極海航路は、欧州への航路が現在の南回り航路に比べて約半分に 短縮されるメリットがある。一帯一路を掲げ、海上覇権を西太平洋、イン ド洋、紅海から地中海に広げる中国は、北極海航路の確保を目指している。

北極海には世界最大の島、デンマーク領のグリーンランドがあり、その東 はレーガン・ゴルバチョフ両首脳会談が行われたレイキャビクを首都とす るアイスランドだ。人口30万人弱の小国で中国は広大な土地を取得し、北 極海を睨んだ拠点づくりを進めてきた。

北極海からベーリング海峡を下り千島列島を横切る形でオホーツク海に入 り、北海道稚内北の宗谷海峡から日本海に入る。或いはベーリング海峡を 下りそのまま太平洋を南下して津軽海峡経由で日本海に入る。次に対馬海 峡を通って西に進めば目の前が中国だ。中国にとって津軽海峡も対馬海峡 も非常に重要な戦略拠点なのである。

中国の習近平国家主席は外交、安全保障政策で力による支配を強めてい る。尖閣諸島については、「3・3・2の原則」(月3回、公船3隻が2時間領 海侵入)と言われてきたが、現在は天候が許す限りいつでも、4隻体制 で、自由に領海侵犯する状況が生じている。

中国は尖閣諸島入手が、東シナ海・南シナ海奪取と制海権確立に欠かせな いと考えている。そのために尖閣諸島は絶対に諦めず、台湾も同様だろう。

その意味で、尖閣諸島海域侵入の規模と頻度を高めていることと、7月25 日、台湾海峡に初めて爆撃機を飛行させたことは、関連する軍事行動とし て深刻に受けとめなければならない。

中国の対外強硬策は習近平主席の国内政治における闘争と密接に結びつい ており、今後も続行されるだろう。

目の前に中国の脅威があり、北朝鮮はいつ新たなミサイル発射、又は核実 験に踏み切るやもしれない。韓国の文在寅政権は対日歴史戦争をフルに展 開しつつある。

日本の周囲すべて危機である。この深刻な危機の中で、本来問題ですらな い獣医学部新設と加計学園を問題視し、安倍政権憎しで歪曲報道を続ける メディアと言論人。結果として、国の行く末をも危険に陥れかねない偏向 報道が、わが国最大の問題ではないか。

『週刊ダイヤモンド』 2017年8月5日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1193 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンモスノ牙を買いあさる中國


 象牙の密輸は習近平の特別機にもアフリカ某国訪問のかえりに積み込まれたことがばれて国際問題となった。
2001年から15年にかけて、9万3000から11万頭余のアフリカ象が殺され、象牙が密輸された。

 中国では象牙がスティタスシンボル、これに仏像などを彫刻し、飾り物として巨大な市場がある。
 国際的な批判に晒されて、中国は密輸取り締まりを強化、国内の象牙工場67箇所を手入れ、78店舗を閉鎖、3185点の象牙彫刻品を押収した。これは氷山の一角に過ぎないが、ともかく中国はジェスチャーを示したのだ。

 象牙が禁止されているのは、「絶滅のおそれがある希少動物」という理由により、国際的取り決めがある。
であるならば「絶滅した動物」ならどうなのか。

 中国の象牙密輸業者、バイヤー、彫刻師、販売店等が目を付けたのは、3600年前に絶滅したマンモスの牙だった。シベリアの凍土にまだかなりのマンモスが凍死したまま。これを機械で引き上げ、牙だけを輸出するのだ。ロシア軍が副業にしているという。
 中国黒竜江省の税関を通過したマンモス牙は27トン、ところが香港では34トンが陸揚げされていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車いすガ届いた

アクテムラを受けた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.06

三池ケアパートンーのデイサービスで歩行練習をした。

約170メートル歩いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.04

今日モ散歩出来た

雨ガ降りだしたので中断した。内閣改造が活動を開始した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.02

妻が早朝散歩中転んでしまった

擦り傷程度で事なきを得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.01

救急搬送された

昼食に寿司屋の回転寿司を食べていたら、突然体が金縛りにあたように動けなくなり東京の日本医科大学付属病院へ救急搬送され、検査にずいぶん時間がかかったが異常なしで帰宅できた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ