文化・芸術

2015.10.16

琵琶湖周航歌/基準調

国民に広く愛唱されている琵琶湖周航の歌は旧制三高水上部で生まれた。戦後の学制改革により三高は京大教養課程となった。琵琶湖周航歌は三高水上部の伝統を受け継いだ京大ボート部の歌として受け継がれた。この歌は世間的にも愛唱され歌い方もいろいろな変化を遂げた。三高で誕生した時の歌い方を基準調として京大合唱団が歌った。ここに示すのが基準調である。https://www.amazon.co.jp/gp/photos/gallery/XlW1tUnyRyKu2kVReybWlw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.15

青薔薇海賊団による音楽会。

平成27年10月3日(土)
朝何時もの通り横溝屋敷直線コースを散歩。午睡から覚めて三つ池口まで送って貰い川崎駅西口まで。予定の12時半に時計の下へ到着。日和が良いので物凄い人の群れである。待つこと10分で橋田さんがやってきた。バスに乗り遅れたという。有楽町の読売ホールへは13時30分到着。人が多くてエレベーターに乗るのが大変。青い薔薇海賊団の公演である。
三人のテナー歌手(井ノ上了吏、上原政敏、秋谷直之)と女性ピアニスト北村晶子、女性チェリスト荒庸子の五人構成のカルテットである。テナー歌手の声には惚れ惚れした。また進行も面白いやり方であった。

最近購入したScanSnapを利用して当日のプログラムをアップしてみたが、なかなか使い勝手の良いツールである。


201510101702100001

201510101702100002

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.27

愛國百人一首

有名な歌の幾つかは知っていたが、このような形に
纏められた百人一首が存在するとはうかつにも知らなかった。
以下は渡部亮次郎氏から配信されたメルマガから全てを転写した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛國百人一首(擴張ヘボン式による轉寫を付す)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 上西 俊雄


[はじめに]

愛國百人一首、ウィキペディアには次のやうにある。

<日本文學報國會が情報局の後援、大政翼贊會の贊助、東京日日新聞と大
阪毎日新聞の協力を得て企畫された。選定委員は佐佐木信綱、土屋文明、
釋迢空、齋藤茂吉、太田水穗、尾上柴舟、窪田空穗、吉植庄亮、川田順、
齋藤瀏、松村英一、北原白秋ら12名(ただし北原は委員就任後まもなく死
去)。企畫目的は、「聖戰下の國民精神作興。」選定基準は、萬葉時代か
ら幕末までの詠歌者の分かっている臣下の和歌であり、愛國の精神が、健
やかに、朗らかに、そして積極的に表現されていることとされた。また、
幕末期の歌は明治改元より先に物故した人物に限られた。

選ばれた百首は、情報局の檢閲を經て昭和17年(1942年)11月20日、情報
局から發表された。これに改訂と解説を加えたものが、『定本愛國百人一
首』として昭和18年(1943年)3月に毎日新聞社から刊行されている。さ
らに同年11月には、日本玩具統制協會により繪入りカルタとして商品化さ
れた。>

ウィキペディアの振假名はあてにならない。詠手の名前の讀み方も不明。
擴張ヘボン式で轉寫するので一應假名を推定してみた。抗癌劑が效きすぎ
て服用を中止したところなので、結構つかれた。

擴張ヘボン式、四假名は以下の通り。

ヂ ji, ジ zhi, ヅ dzu, ズ zu

語中のハ行音(medial h) は逆アポストロフィ。ワ行子音の w と同樣にア
段でのみ兩唇半母音の渡り音として實現されるが、ア段でなければ發音さ
れない。兩者の違ひは離合の徴表。ワ行は離、ハ行は合でもっぱらくっつ
きの印である。

最初に番號、詠手、和歌、その下に擴張ヘボン式で詠手と和歌をコロンで
區切って示す。

1.柿本人麻呂 大君は神にしませば天雲の雷の上に廬せるかも

kakinomotono hitomaro: o`okimi`a kaminishi maseba amakumono
ikadzuchino u`eni i`ori seru kamo

2.長奧麻呂 大宮の内まできこゆ網引すと網子ととのふる海人の呼び聲

nagano okimaro: o`omiyano uchimade kikoyu abikisuto ago totono`uru
amano yobigowe

3.大伴旅人 やすみししわが大君の食國は大和もここも同じとぞ念ふ

o`otomono tabito: yasumishishi waga o`okimino wosukuni`a yamatomo
kokomo onazhitozo omo`u

4.高橋蟲麻呂 千萬の軍なりとも言擧げせずとりて來ぬべきをのことぞ思ふ

takahashino mushimaro: chiyorodzuno ikusanaritomo kotoagesezu
torite kinubeki wonokotozo omo`u

5.山上憶良 士やも空しかるべき萬代に語り續ぐべき名は立てずして

yamano u`eno okura: wonokoyamo munashikarubeki yorodzuyoni
kataritsugubeki na`a tatezushite

6.笠金村 丈夫の弓上振り起し射つる矢を後見む人は語り繼ぐがね

kasano kanamura: masurawono yuzuwe furi-okoshi itsuru yawo nochi
mimuhito`a katari tsugugane

7.山部赤人 あしひきの山にも野にも御獵人さつ矢手挟みみだれたり見ゆ

yamabeno akahito: ashibikino yamanimo nonimo mikaribito satsuya
tabasami midaretari miyu

8.遣唐使使人母 旅人の宿りせむ野に霜降らば吾が子羽ぐくめ天の鶴群

kentaushi shizhinno haha: tabibitono yadorisemu noni shimo furaba
wagako hagukume amano tadzumura

9.安倍郎女 わが背子はものな思ほし事しあらば火にも水にも吾なけなくに

abeno iratsume: waga seko`a monona omo`oshi kotoshi araba hinimo
midzunimo ware nakenakuni

10.海犬養岡麿 御民われ生ける驗あり天地の榮ゆる時に遇へらく思へば

amano inuka`ino wokamaro: mitami ware ikeru shirushi ari
ametsuchino sakayuru tokini a`eraku omo`eba

11.雪宅麻呂 大君の命かしこみ大船の行きのまにまに宿りするかも

yukino yakamaro: o`okimino mikoto kashikomi o`ofuneno yukino
manimani yadorisurukamo

12.小野老 あをによし奈良の京は咲く花のにほふがごとく今さかりなり

wonono oyu: awoniyoshi narano miyako`a sakuhanano ni`o`uga gotoku
ima sakarinari

13.橘諸兄 降る雪の白髮までに大君に仕へまつれば貴くもあるか

tachibanano moroe: furu yukino shirokamimadeni o`ogimini
tsuka`ematsureba ta`utokumo aruka

14.紀清人 天の下すでに覆ひて降る雪の光を見れば貴くもあるか

kino kiyohito: ameno shita sudeni o`o`ite furuyukino hikariwo
mireba ta`utokumo aruka

15.葛井諸會 新しき年のはじめに豐の年しるすとならし雪の降れるは

fujiwino morowe: aratashiki hazhimeni toyonotoshi
shirushito narashi yukino fureru`a

16.多治比鷹主 唐國に往き足らはして歸り來むますら武雄に御酒たてまつる

taji`ino takanushi: karakunini yukitara`ashite ka`erikomu
masuratakewoni miki tatematsuru

17.大伴家持 天皇の御代榮えむと東なるみちのく山に金花咲く

o`otomono yamamochi: sumerogino miyo sakaemuto adzumanaru
michinoku yamani kugane hana saku.

18.丈部人麻呂 大君の命かしこみ磯に觸り海原わたる父母をおきて

hasetsukabeno hitomaro: o`ogimino mikoto kashikomi isoni furi
unohara wataru chichi haha okite

19.坂田部首麻呂 眞木柱ほめて造れる殿のごといませ母刀自面變りせず

sakatabeno obitomaro: makebashira homete tsukureru tonono goto
imase hahatozhi ome ka`ari sezu

20.大舍人部千文 霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍に吾は來にしを

o`otoneribeno chifumi: arare furi kashimano kamiwo inoritsutsu
sumera mi-ikusani ware`a kinishiwo

21.今奉部與曾布 今日よりは顧みなくて大君のしこの御盾と出で立つ吾は

imamatsuribeno yoso`u: ke`uyori`a ka`eruminakute o`ogimino shikono
mitateto idetatsu ware`a

22.大田部荒耳 天地の神を祈りてさつ矢ぬき筑紫の島をさしていく吾は

o`otabeno aramimi: ametsuchino kamiwo inorite satsuya nuki
tsukushino shimawo sashite iku ware`a

23.神人部子忍男 ちはやぶる神の御坂に幣奉り齋ふいのちは母父がため

kamitobeno ko-oshiwo: chihayaburu kamino misakani nusa tatematsuri
i`a`u inochi`a omochichiga tame

24.尾張濱主 翁とてわびやは居らむ草も木も榮ゆる時に出でて舞ひてむ

wo`arino hamanushi: okinatote wabiya`a woramu kusamo kimo sakayuru
tokini idete ma`itemu

25.菅原道眞 海ならずたたへる水の底までも清き心は月ぞ照らさむ

suga`arano michizane: uminarazu tata`eru midzuno sokomademo kiyoki
kokoro`a tsukizo terasamu

26.大中臣輔親 山のごと坂田の稻を拔き積みて君が千歳の初穗にぞ舂く

o`onakatomino sukechika: yamano goto sakatano inewo nukitsumite
kimiga chitoseno hatsuhonizo tsuku

27.成尋阿闍梨母 もろこしも天の下にぞ有りと聞く照る日の本を忘れざらなむ

zhauzhin azharino haha: morokoshimo ameno shitanizo arito kiku
teru hinomotowo wasurezaranamu

28.源經信 君が代はつきじとぞ思ふ神かぜやみもすそ川のすまん限は

minamotono tsunenobu: kimiga yo`a tsukizhi tozo omo`u kamikazeya
mimo susoga`ano suman kagiri`a

29.源俊頼 君が代は松の上葉におく露のつもりて四方の海となるまで

minamotono toshiyori: kimiga yo`a matsuno u`abani oku tsuyuno
tsumorite yomono umito narumade

30.藤原範兼 君が代にあへるは誰も嬉しきを花は色にもいでにけるかな

fuji`arano norikane: kimigayoni a`eru`a taremo ureshikiwo hana`a
ironimo idenikerukana

31.源頼政 みやま木のその梢とも見えざりし櫻は花にあらはれにけり

minamotono yorimasa: miyamagino sono kozuwetomo miezarishi
sakura`a hanani ara`arenikeri

32.西行法師 宮柱したつ岩根にしき立ててつゆも曇らぬ日の御影かな

saigyau ho`ushi: miyabashira shitatsu i`aneni shikitatete tsuyumo
kumoranu hino mikagekana

33.藤原俊成 君が代は千代ともささじ天の戸や出づる月日のかぎりなければ

fuji`arano toshinari: kimiga yo`a chiyotomo sasazhi amano toya
idzuru tsukihino kagiri nakereba

34.藤原良經 昔たれかかる櫻の花を植ゑて吉野を春の山となしけむ

fuji`arano yoshitsune: mukashi tare kakaru sakurano hanawo uwete
yoshinowo haruno yamato nashikemu

35.源實朝 山は裂け海はあせなむ世なりとも君にふた心わがあらめやも

minamotono sanetomo: yama`a sake umi`a asenamu yonaritomo kimini
futagokoro waga arameyamo

36.藤原定家 曇りなきみどりの空を仰ぎても君が八千代をまづ祈るかな

fuji`arano sadai`e: kumorinaki midorino sorawo a`ugitemo kimiga
yachiyowo madzu inorukana

37.宏覺禪師 末の世の末の末まで我が國はよろづの國にすぐれたる國

kaukaku zenzhi: suweno yono suweno suwemade wagakuni`a yorodzuno
kunini suguretaru kuni

38.中臣祐春 西の海よせくる波も心せよ神の守れるやまと島根ぞ

nakatomino sukeharu: nishino umi yosekuru namimo kokoroseyo kamino
mamoreru yamato shimanezo

39.藤原爲氏 敕として祈るしるしの神風に寄せくる浪はかつ碎けつつ

fuji`arano tame-uzhi: chokutoshite inoru shirushino kamikazeni
yosekuru nami`a katsu kudaketsutsu

40.源致雄 命をば輕きになして武士の道よりおもき道あらめやは

minamotono munewo: inochiwoba karokini nashite mononofuno
michiyori omoki michi arameya'a

41.藤原爲定 限りなき惠みを四方にしき島の大和島根は今さかゆなり

fuji`arano tamesada: kagirinaki megumiwo yomoni shikishimano
yamato shimane`a ima sakayunari

42.藤原師賢 思ひかね入りにし山を立ち出でて迷ふうき世もただ君の爲

fuji`arano morokata: omo`ikane irinishi yamawo tachi-idete mayo`u
ukiyomo tada kimino tame

43.津守國貴 君をいのるみちにいそげば神垣にはや時つげて鶏も鳴くなり

tsumorino kunitaka: kimiwo inoru michini isogeba kamigakini haya
toki tsugete torimo nakunari

44.菊池武時 もののふの上矢のかぶら一筋に思ふ心は神ぞ知るらむ

kikuchi taketoki: mononofuno u`ayano kabura hitosujini omo`u
kokoro`a kamizo shiruramu

45.楠木正行 かへらじとかねて思へば梓弓なき數に入る名をぞとどむる

kusunoki masatsura: ka`erazhito kanete omo`eba adzusayumi naki
kadzuni iru nawozo todomuru

46.北畠親房 鶏の音になほぞおどろくつかふとて心のたゆむひまはなけれど

kitabatake chikafusa: torino neni na`ozo odoroku tsuka`utote
kokorono tayumu hima`a nakeredo

47.森迫親正 いのちより名こそ惜しけれもののふの道にかふべき道しなければ

morisago chikamasa: inochiyori nakoso woshikere mononofuno michini
ka`ubeki michishi nakereba

48.三條西實隆 あふぎ來てもろこし人も住みつくやげに日の本の光なるらむ

sandeunishi sanetaka: a`ugikite morokoshibitomo sumitsukuya geni
hinomotono hikari naruramu

49.新納忠元 あぢきなやもろこしまでもおくれじと思ひしことは昔なりけり

ni`iro tadamoto: ajikinaya morokoshimademo okurezhito omo`ishi
koto`a mukashi narikeri


50.下河邊長流 富士の嶺に登りて見れば天地はまだいくほどもわかれざりけり

shimokaube chauriu: fuzhino neni noborite mireba ametsuchi`a mada
ikuhodomo wakarezarikeri

51.徳川光圀 行く川の清き流れにおのづから心の水もかよひてぞ澄む

tokuga`a mitsukuni: yuku ka`ano kiyoki nagareni onodzukara
kokorono midzumo kayo`itezo sumu

52.荷田春滿 踏みわけよ日本にはあらぬ唐鳥の跡をみるのみ人の道かは

kadano adzumamaro: fumiwakeyo yamatoni`a aranu karadorino atowo
mirunomi hitono michika`a

53.賀茂眞淵 大御田のみなわも泥もかきたれてとるや早苗は我が君の爲

kamono mabuchi: o`omitano minawamo hijimo kakitarete toruya
sana`e`a waga kimino tame

54.田安宗武 もののふの兜に立つる鍬形のながめかしはは見れどあかずけり

tayasu munetake: mononofuno kabutoni tatsuru kuwagatano nagame
kashi`aba miredo akazukeri

55.楫取魚彦 すめ神の天降りましける日向なる高千穗の嶽やまづ霞むらむ

katori nahiko: sumekamino amorimashikeru himukanaru takachihono
takeya madzu kasumuramu

56.橘枝直 天の原てる日にちかき富士の嶺に今も神代の雪は殘れり

tachibana ena`o: amanohara teruhini chikaki fuzhino neni imamo
kamiyono yuki`a nokoreri

57.林子平 千代ふりし書もしるさず海の國の守りの道は我ひとり見き

hayashi shihei: chiyo furishi fumimo shirusazu umino kunino
mamorino michi`a ware hitori miki

58.高山彦九郎 我を我としろしめすかやすべらぎの玉のみ聲のかかる嬉しさ

takayama hikokurau: warewo wareto shiroshimesukaya suberagino
tamano mikoweno kakaru ureshisa


59.小澤蘆庵 あし原やこの國ぶりの言の葉に榮ゆる御代の聲ぞ聞ゆる

woza`a roan: ashiharaya kono kuniburino kotonohani sakayuru miyono
kowezo kikoyuru

60.本居宣長 しきしまの大和ごころを人問はば朝日に匂ふ山ざくら花

motowori norinaga: shikishimano yamatogokorowo hito to`aba asahini
ni`o`u yamazakurabana


61.荒木田久老 初春の初日かがよふ神國の神のみかげをあふげもろもろ

arakida hisa-oyu: hatsuharuno hatsuhi kagayo`u kamikunino kamino
mikagewo a`uge moromoro


62.橘千蔭 八束穗の瑞穗の上に千五百秋國の秀見せて照れる月かも

tachibana chikage: yatsukahono midzuhono u`eni chi-i`o-aki kunino
ho misete tereru tsukikamo

63.上田秋成 香具山の尾の上に立ちて見渡せば大和國原早苗とるなり

u`eda akinari: kaguyamano wono`eni tachite miwataseba yamato
kunibara sana`e torunari


64.蒲生君平 遠つ祖の身によろひたる緋縅の面影うかぶ木々のもみぢ葉

gama`u kumpei: to`otsu oyano mini yoro`itaru hiwodoshino omokage
ukabu kigino momijiba

65.栗田土滿 かけまくもあやに畏きすめらぎの神のみ民とあるが樂しさ

kurita hizhimaro: kakemakumo ayani kashikoki sumeragino kamino
mitamito aruga tanoshisa

66.賀茂季鷹 大日本神代ゆかけてつたへつる雄々しき道ぞたゆみあらすな

kamono suwetaka: o`oyamato kamiyoyu kakete tsuta`etsuru wowoshiki
michizo tayumi arasuna

67.平田篤胤 青海原潮の八百重の八十國につぎてひろめよこの正道を

hirata atsutane: awo-unabara shi`ono ya`o`eno yasokunini tsugite
hiromeyo kono masamichiwo


68.香川景樹 ひとかたに靡きそろひて花すすき風吹く時ぞみだれざりける

kaga`a kageki: hitokatani nabiki soro`ite hana susuki kaze fuku
tokizo midarezarikeru

69.大倉鷲夫 やすみししわが大君のしきませる御國ゆたかに春は來にけり

o`okura washiwo: yasumishishi waga o`ogimino shikimaseru mikuni
yutakani haru`a kinikeri


70.藤田東湖 かきくらすあめりか人に天つ日のかがやく邦のてぶり見せばや

fuzhita touko: kakikurasu amerikabitoni amatsuhino kagayaku kunino
teburi misebaya


71.足代弘訓 わが國はいともたふとし天地の神の祭をまつりごとにて

azhiro hironori: waga kuni`a itomo ta`utoshi ametsuchino kamino
matsuriwo matsurigotonite

72.加納諸平 君がため花と散りにしますらをに見せばやと思ふ御代の春かな

kana`u morohira: kimiga tame hanato chirinishi masurawoni
misebayato omo`u miyono harukana

73.鹿持雅澄 大君の宮敷きましし橿原のうねびの山の古おもほゆ

kamochi masazumi: o`okimino miya shikimashishi kashiharano unebino
yamano inishi`e omo`oyu


74.僧月照 大君のためには何か惜しからむ薩摩の瀬戸に身は沈むとも

sou gesshou: o`ogimino tameni`a nanika woshikaramu satsumano
setoni mi`a shidzumutomo


75.石川依平 大君の御贄のまけと魚すらも神世よりこそ仕へきにけれ

ishika`a yorihira: o`okimino mini`e nomaketo uwosuramo
kamiyoyorikoso tsuka`ekinikere


76.梅田雲濱 君が代を思ふ心のひとすぢに吾が身ありともおもはざりけり

umeda umpin: kimigayowo omo`u kokorono hitosujini wagami aritomo
omo`azarikeri

77.吉田松陰 身はたとひ武藏の野邊に朽ちぬとも留め置かまし日本魂

yoshida shouin: mi`a tato`i musashino nobeni kuchinutomo todome
okamashi yamatodamashi`i


78.有村次左衞門 岩が根も碎かざらめや武士の國の爲にと思ひきる太刀

arimura zhizawemon: i`aganemo kudakazarameya mononofuno kunino
tamenito omo`ikiru tachi


79.高橋多一郎 鹿島なるふつの靈の御劍をこころに磨ぎて行くはこの旅

takahashi taichirau: kashimanaru futsuno mitamano mitsurugiwo
kokoroni togite yuku`a konotabi


80.佐久良東雄 天皇に仕へまつれと我を生みし我がたらちねぞ尊かりける

sakura adzumawo: o`ogimini tsuka`ematsureto warewo umishi waga
tarachinezo ta`utokarikeru.


81.徳川齊昭 天ざかる蝦夷をわが住む家として竝ぶ千島のまもりともがな

tokuga`a nariaki: amazakaru ezowo wagasumu i`etoshite narabu
chishimano mamoritomogana

82.有馬新七 朝廷邊に死ぬべきいのちながらへて歸る旅路の憤ろしも

arima shinshichi: mikadobeni shinubeki inochi nagara`ete ka`eru
tabijino ikido`oroshimo

83.田中河内介 大君の御旗の下に死してこそ人と生れし甲斐はありけれ

tanaka kauchinosuke: o`ogimino mihatano motoni shishitekoso hitoto
umareshi ka`i`a arikere

84.兒島草臣 しづたまき數ならぬ身も時を得て天皇がみ爲に死なむとぞ思ふ

kozhima kusa-omi: shidzutamaki kadzunaranu mimo tokiwo ete kimiga
mitameni shinamutozo omo`u

85.松本奎堂 君がためいのち死にきと世の人に語り繼ぎてよ峰の松風

matsumoto keidau: kimigatame inochi shinikito yonohitoni
kataritsugiteyo mineno matsukaze

86.鈴木重胤 天皇の御楯となりて死なむ身の心は常に樂しくありけり

suzuki shigetane: o`ogimino mitateto narite shinamu mino kokoro`a
tsuneni tanoshiku arikeri

87.吉村寅太郎 曇りなき月を見るにも思ふかな明日はかばねの上に照るやと

yoshimura toratarau: kumorinaki tsukiwo mirunimo omo`ukana asu`a
kabaneno u`eni teruyato

88.伴林光平 君が代はいはほと共に動かねば碎けてかへれ沖つしら波

tomobayashi mitsuhira: kimiga yo`a i`a`oto tomoni ugokaneba
kudakete ka`ere okitsu shiranami

89.澁谷伊與作 ますらをが思ひこめにし一筋は七生かふとも何たわむべき

shibuya iyosaku: masurawoga omo`ikomenishi hitosuji`a nanayo
ka`utomo nani tawamubeki

90.佐久間象山 みちのくのそとなる蝦夷のそとを漕ぐ舟より遠くものをこ
そ思へ

sakuma shauzan: michinokuno sotonaru ezono sotowo kogu funeyori
to`oku monowokoso omo`e


91.久坂玄瑞 取り佩ける太刀の光はもののふの常に見れどもいやめづらしも

kusaka genzui: torihakeru tachino hikari`a mononofuno tsuneni
miredomo iya medzurashimo

92.津田愛之助 大君の御楯となりて捨つる身と思へば輕きわが命かな

tsuda ainosuke: o`ogimino mitateto narite sutsuru mito omo`eba
karoki waga inochikana

93.平野國臣 青雲のむかふす極すめらぎの御稜威かがやく御代になしてむ

hirano kuni-omi: awogumono muka`usu ki`ami sumeragino mi-itsu
kagayaku miyoni nashitemu


94.眞木和泉 大山の峰の岩根に埋めにけりわが年月の日本だましひ

maki idzumi: o`oyamano mineno i`aneni umenikeri waga toshitsukino
yamato damashi`i

95.武田耕雲齋 片敷きて寢ぬる鎧の袖の上に思ひぞつもる越の白雪

takeda kau-unsai: katashikite inuru yoro`ino sodeno`eni omo`izo
tsumori koshino shirayuki


96.平賀元義 武夫のたけき鏡と天の原あふぎ尊め丈夫のとも

hiraga motoyoshi: mononofuno takeki kagamito amanohara a`ugi
ta`utome masurawono tomo

97.高杉晋作 後れても後れてもまた君たちに誓ひしことをわれ忘れめや

takasugi shinsaku: okuretemo okuretemo mata kimitachini chika`ishi
kotowo ware wasuremeya

98.野村望東尼 武士のやまと心をより合はせただひとすぢの大綱にせよ

nomura bautouni: mononofuno yamatogokorowo yoria`ase tada
hitosujino o`otsunani seyo

99.大隈言道 男山今日の行幸の畏きも命あればぞをろがみにける

o`okuma kotomichi: wotokoyama ke`uno miyukino kashikokimo inochi
arebazo worogaminikeru

100.橘曙覽 春にあけてまづみる書も天地のはじめの時と讀み出づるかな

tachibanano akemi: haruni akete madzu miru fumimo ametsuchino
hazhimeno tokito yomi idzurukana

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.08.16

京都慕情二部No5

産経新聞からの転載である。

たかが5分、されど5分 京都・五山送り火の時刻が50年ぶりに変わりますえ

2014.5.7 15:23

「妙法」の送り火。5分早くなるので間違えんといておくれやす

 京都五山送り火連合会は5月7日、京都市の夏を彩る風物詩「五山送り火」の「妙法」の文字と「船形」の点火をそれぞれ5分早めると発表した。点火を5分間隔に統一するためという。市によると、点火時刻の変更は約50年ぶり。

 8月16日午後8時に「大文字」が点火後、これまで8時10分に点火していた妙法を8時5分に、8時15分に点火していた船形を8時10分に早める。「左大文字」は8時15分、「鳥居形」は8時20分で従来通り。

 送り火は、盆に迎えた先祖の霊を再び送り出し無病息災を祈る伝統行事。


Waf14050715230024p1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.15

京都慕情二部

【ベテラン記者のデイリーコラム・山上直子の誘惑する京都】

i新緑パワースポット 源氏物語や枕草子の「青もみじ」、美人になる神社…

Trd14080918000001n1_4


以下は産経新聞からの転載である。
2014.5.24 18:00 (1/3ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]


 新緑の京都はサイコー。いずれがアヤメかカキツバタ…というけれど、春から初夏にかけての花々は見頃だし、東山を遠望すれば濃淡の「緑」がグラデーションをなして美しい。もう少しすると長~い梅雨がやってくるので、さわやかな今月いっぱいがおすすめだ。目玉はなんといっても「青もみじ」。癒やされること間違いなしの新緑のパワースポットはいかがだろう?

 秋の紅葉ならぬ、新緑の「青もみじ」。数ある名所の中でも好きなのが、源氏物語や枕草子にも登場する下鴨神社の「糺(ただす)の森」だ。全体が世界文化遺産の一つで、これほど「鎮守(ちんじゅ)の杜」らしい森はちょっとない。

 時間に余裕があれば、京阪か叡山電鉄の「出町柳駅」から高野川沿いに歩き、橋を渡って南から森に入ってみよう。暑い日でもひんやりとして、どこか霊気漂う雰囲気。パワースポットとして名高いのもうなずける。縄文時代の祭祀(さいし)遺跡も発見されたというから、太古からの聖地だったのは間違いない。


 さて、「鴨」という名からも察しがつくだろうか。下鴨神社は名随筆「方丈記」の著者で鎌倉時代の歌人、鴨長明にゆかりが深い。表参道から少し西に入ったところに摂社「河合神社」があるが、長明はその神職の子として生まれた。

 「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」で始まる「方丈記」は、その無常観ゆえに人気の高い作品だ。一昨年の2012年は、方丈記が書かれて800年の記念の年とあって、随分盛り上がったが、注目されたのにはもう一つ理由がある。京都を襲った「安元の大火」(1177年)や「元暦の地震」(1185年)など、当時の災害記録が忠実かつ詳細だったからだ。

2014.5.24 18:00 (2/3ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]


 東日本大震災後の日本人にとって、心に響いたのは間違いない。平安末期から鎌倉時代に向かう動乱期に生き、決して順風満帆とはいえない人生を送った長明の足跡は、改めて「この世をいかに生きるか」ということをわれわれに問い直したと思う。

 ちなみにこの河合神社、美人で名高い祭神(玉依(たまより)姫)にちなんで「美麗の社」として有名だ。手鏡の形をした「鏡絵馬」が人気で、自分で絵馬にメークを施し奉納するとキレイになれるとか…。


こちらも式年遷宮


 昨年は伊勢神宮と出雲大社の遷宮で沸いたが、来年、下鴨神社と上賀茂神社の式年遷宮が行われる。21年ごとの伝統だ。

 遷宮というと本来は建物を一新するものだが、同社の場合、国宝の本殿などは取り壊しができない。そのため、檜皮の屋根のふき替えなど修理を施し、平成27年4月、祭神を修理後の本殿に移す「正遷宮」が行われることになっている。


床で楽しむ新緑も


 もう一つ、床に映る新緑を楽しむ…というちょっと変わった趣向の寺がある。左京区岩倉の門跡寺院、実相院だ。

 ここの客殿は、黒光りする床に庭園の景色が映り込むことで有名。新緑のころは「床みどり」、紅葉の時期なら「床紅葉」…というわけだ。客殿自体も、御所から移築された由緒ある建物で、「承秋門院(じょうしゅうもんいん)の旧宮殿」の一部である。

2014.5.24 18:00 (3/3ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]


 その修理に協力するかたちで京都市のブライダル会社が「実相院 床みどりフォトプラン」を発売、話題になっている。最近、京都で結婚式を挙げる人が増えているが、普段は撮影禁止の場所での婚礼写真…って、プレミアものかも。

新緑が美しい「糺の森」=京都市左京区(岡本義彦撮影)
【下鴨神社】

【実相院】

山上直子
産経新聞編集委員兼論説委員。平成3年入社、大阪新聞経済部、産経新聞京都総局、文化部を経て現在に至る。京都出身、大阪育ち、現在は京都在住。歴史と文化、グルメ、グッズ、その他もろもろ詰め込んで、「魅力と魔力に満ちた京都」をご案内。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都慕情二部No4

Back to the 祇園祭(下)今夜まさに“ほこ天”…「後祭」効果ゆったり宵山

2014.7.15 16:30 (1/4ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]

「前祭」の宵々山で歩行者天国となった四条通をそぞろ歩きする多くの人々=15日午後、京都市下京区(恵守乾撮影)

Wlf14071516300015n1

(上)「本来の姿に戻す」後祭…から続く


 駒形(こまがた)ちょうちんの灯の横を、車のヘッドライトが通り過ぎる-。今までにない眺めとなった14日、京都市中心部で行われる祇園祭(前祭)の宵山が始まった。人出は例年の半分ほどだそうだが、今夜(15日、16日)からは例年通りの歩行者天国になる。49年ぶりの後祭復活で変わる祇園祭の楽しみ方は…。


ゆったり宵山…今夜のオススメ歩き方


 「なんや、今年はちょっと余裕のある感じですなぁ」。いいのか、悪いのか。やっぱり、うれしいのだろう、知人がそんなあいさつを返して人混みに消えていった。地元でも、今年は初めてのことが多いのだ。

 14日は歩行者天国も設定されず、露店もなし。既存の飲食店などが店頭にドリンクや食べ物の屋台を出し(コンビニでも!)ているくらいで、むせかえるような屋台の匂いもない。四条通や烏丸通など、大通りは車やバスがノロノロと鉾の横を通り過ぎ、バスの中から鉾の写真を撮っている人もいた。

 今年は「前祭」と「後祭」に分かれているため、現在、建つ山鉾(やまほこ)は前祭の23基。東西の通りでいうと、蛸薬師通(たこやくしどおり)が山鉾の北限になる。山鉾がある通りは通行止めになっているから、露店がないぶん、ゆったりと歩きやすい。

2014.7.15 16:30 (2/4ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]

 今夜(15日夕)からはホコ天になるので、おすすめルートを。まずは、四条烏丸の交差点から、まっすぐ西へ向かって通称「鉾の辻」と呼ばれる四条室町の交差点へ。この辻に立つと、東西南北(東に函谷鉾、西に月鉾、南に鶏鉾、北に菊水鉾)に大きな鉾が見える。ここを起点に、どの方向へ向かっても2つや3つは山鉾に出合える。


「後祭」の楽しみ方


 17日の前祭の巡行が終わると、いよいよ49年ぶりという「後祭」だ。といっても、特別なイベントがあるわけではなく、前祭同様に山鉾建てが始まって、21~23日が宵山、24日が後祭の山鉾巡行である。

 後祭の山鉾は10基。復活した「大船鉾」だけが四条通より南にあるが、あとの9基は錦小路通から北のコンパクトな地域に集中しているので、そぞろ歩きながら全部を見て回ることも可能だろう。

 全部回ってもらおうと、「後祭十ヶ町集印」企画もあるそうだ。配布されている台紙に山鉾10基の御朱印を集めると、記念てぬぐいがもらえる。先着2000人(有料)。

 この1週間しか見られない「四条御旅所」(四条寺町)の眺めもおすすめ。17日に八坂神社を出たおみこしが24日までとどまり、夜間はこうこうと灯がともっている。「無言でおまいりすれば願いが叶う」という、祇園祭最大の、しかも期間限定のパワースポットである。


2014.7.15 16:30 (3/4ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]


 【祇園祭のお菓子】

 定番の「祇園ちご餅」。甘い白みそを求肥で包んだ名物菓子で、昔は鉾に乗るお稚児(ちご)さんのための菓子だったという。(三條若狭屋、3本入り、388円)

2014.7.15 16:30 (4/4ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]


 【前祭】14~16日、宵山(ただし歩行者天国は15~16日のみ)▽17日午前、前祭の山鉾23基が巡行、夕に神幸祭

 【後祭】21~23日、宵山(歩行者天国および露店はなし)▽24日午前、後祭の山鉾10基が巡行、夕に還幸祭


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都慕情二部No3

Back to the 祇園祭(上)山口百恵も女心を…山鉾2回!半世紀ぶり復活「後祭」は見逃せない

以下産経新聞からの転載である。

2014.7.2 16:30 (1/2ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]


八坂神社で祇園祭「お千度の儀」に臨む稚児の平井誠人君(中央奥)ら=1日午前、京都市東山区(恵守乾撮影)
Wlf14070216300010p1


 49年ぶりに「後祭(あとまつり)」が復活する京都・祇園祭の幕が開けた。1日には祭りの無事を長刀鉾の稚児(ちご)が祈願する「お千度の儀」が行われ、いよいよ京都の市中は祭り一色だ。今年は現代の祇園祭にとって特別なメモリアル年なのだが、全国的にも有名な「山鉾巡行(やまほこじゅんこう)」が17日と24日の2回行われる…ということを、どのくらいの人がご存じだろう? まずは、今年は特に見逃せない理由から。


復活の後祭


 「昔は山鉾巡行は前と後と2回あってな…」と、話に聞くだけだった「後祭」の復活は、大ニュースだった。古来の祭りが変遷していくのはよくあることだが、“元に戻る”ことは少ない。

 しかも、山鉾町の長老たちが「後祭の風情はよかったなぁ」と口をそろえるのを聞いてきたから、見てみたかった…と思うのは当然ではないか。その痕跡を探して行き当たったのが、川端康成の小説「古都」の中の一文だった。

 《宵山、それに、十七日の山鉾の巡行が終わっても、まだ、後の祭りがつづく。店を開けはなって、屏風(びょうぶ)などをかざる…》(新潮文庫「古都」より)

 物語は京都の移り変わる四季をたどりつつ双子の美人姉妹の数奇な運命を描いたもので、生き別れになった姉妹が再会するのが祇園祭の夜…という設定。昭和38(1963)年には岩下志麻が、55年には山口百恵が一人二役で主演して映画化されたのでご存じの人も多いだろう。余談だが、姉妹のうち山鉾町で育った姉・千重子の幼なじみは子供のころに長刀鉾の稚児を務めた…という設定で、このあたりもいかにも山鉾町らしい。


主役は「おみこし」


 さて、では49年の歳月を経てなぜ後祭が復活するのか? もちろん、山鉾町の熱意が大きく、それは「本来の姿に戻す」という理由から。それも単に昔のかたちに戻すということだけではなく、そもそも山鉾巡行は、八坂神社のおみこしが動く(渡御する)ときの先触れ、にぎやかしとして行われるようになったという歴史的な背景がある。

2014.7.2 16:30 (2/2ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]

 そのおみこしはといえば、17日に八坂神社を出て(神幸祭=しんこうさい)市中に1週間とどまり、24日に還る(還幸祭=かんこうさい)。つまり、それを祝って、おみこしが動くときに前それぞれの山鉾がにぎやかに巡行するのが祇園祭なのだ。山鉾巡行ばかりがニュースに取り上げられて有名になり、巡行イコール祇園祭と思われているフシがあるけれど、祇園祭の主役は「おみこし」であり、本来の祭りの姿というのもそういうことだ。 

 さて、今年は慣れないこともあってスケジュールがわかりづらい。以下をご参考に。

 【前祭】14~16日、宵山(ただし歩行者天国は15~16日のみ)▽17日午前、前祭の山鉾23基が巡行、夕に神幸祭

 【後祭】21~23日、宵山(歩行者天国および露店はなし)▽24日午前、後祭の山鉾10基が巡行、夕に還幸祭

=続く

(下)ゆったり宵山…京都ツウ記者がイチ押し、オススメ歩き方は


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都慕情二部No2

猛夏やっぱりキュウリ効く?京のパワーアイテム、究極やっぱり…

2014.7.28 16:30 (1/3ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]

以下産経新聞からの転載である。

八坂神社境内の摂社、疫神社で行われた夏越祭の茅の輪くぐり

Wlf14072816300014n1

 梅雨もあけて暑~い、夏到来。クーラーのない時代、昔の人にとって暑さは生死にかかわる問題だったから、この時期、病気封じや健康を願う風習が多い。もちろん、1カ月にわたる祇園祭も「疫病退散」のお祭りだ。きょう28日は祇園祭の終盤イベント、八坂神社の「神輿洗式(みこしあらいしき)」が四条大橋の上で、31日には境内の「疫神社(えきじんじゃ)」で「夏越祭」が行われる。1カ月にわたる「祇園祭」がついに終幕するのだが、このお祭りのパワーアイテムが「茅(ち)の輪」ということはご存じだろうか。


 「疫神社」という名前自体がすごいと思うのだが、まさしく、疫病と深く関わるお社である。31日、ここに大きな「茅の輪」が据え付けられ、参拝者はこれをくぐると病気から逃れられると信じられてきた。

 6月末にも大きな茅の輪をくぐって半年の無病息災を願う「夏越祓(なごしのはらい)」という風習があるが、どちらも同じ茅の輪。茅とは「ちがや」という植物のことで、ツーンととがった葉っぱが特徴だ。かつては強壮薬としても使われていたそうで、“強い”イメージからか、邪をはらう力を持つと信じられた。

 「茅」にまつわる説話が、祇園祭の「蘇民将来(そみんしょうらい)」の物語である。正直者の蘇民将来という男が、疫病から逃れることができる目印として、スサノオノミコトから茅の輪を授かり、腰に付ける…つまり、病気にならないお守りが茅でつくった輪なのだ。

 夏に病気にならない…夏ばてしない…というわけで、夏ばてのお守りとして「茅の輪」をいただいて帰ることにしている。


きゅうり封じ


 ちょっとかわったおまじないのような風習がこちら。京都市右京区の五智山蓮華寺の「きゅうり封じ」(28~29日)だ。


2014.7.28 16:30 (2/3ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]


 弘法大師・空海に由来し、キュウリに病を封じこめて、仏様に病気が治るのを祈願するというもの。名前や病気名などを書いたキュウリを、祈祷(きとう)してもらったあとに持ち帰り、それでからだの悪いところをさする。4日目の朝に土に埋めると、病気が去る…とされている。ここでのパワーアイテムは、なんとキュウリ。

 現代人の感覚では、夏野菜はからだを冷やす効果があるし、熱中症対策には水分の多い野菜や果物がよいそうである。人形などに病をうつす信仰はあちこちにあるが、昔の人はキュウリにもパワーを感じたのだろう。


カボチャ供養


 夏野菜といえば、こちら、左京区・安楽寺の「鹿ヶ谷カボチャ供養」も有名だ。「夏の土用にカボチャを食べると中風にかからない」と信じられ、25日には参拝者に京野菜の「鹿ヶ谷カボチャ」をたいたものが振る舞われてた。

 中風という病気じたい、多くは脳出血後に残るまひ状態をいったそうだ。医学知識が発達していなかった時代は、栄養をつけるくらいしかなかったろうから、ビタミン豊富なカボチャがきく…と信じられたのではないかと勝手に納得している。

猛夏やっぱりキュウリ効く?京のパワーアイテム、究極やっぱり…

2014.7.28 16:30 (3/3ページ)[山上直子の【誘惑する京都】]


 夏の暑い時期、京都観光の際は水分補給をお忘れなく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.14

京都慕情No12

(12)本居宣長 飲む打つ買う…しまくった誘惑の都を活力に「古事記」究めた。
以下産経新聞からの転載である。

2014.8.11 16:30 (1/3ページ)[ベテラン記者コラム]

江戸時代の国学者、本居宣長

Wlf14081116300002n1


 綾小路通新町(京都市下京区)は四条烏丸の交差点から、南西に30メートルほど入った一画にあたる。繁華街のすぐ裏手なのに、ほんの30年ほど前までは、2階部分の軒を低くした京風の町家がまだ多く残っていた。夜になると、ひっそりとした雰囲気がただよっていた。

 いまはビジネスホテルやオフィスビル、マンションなどが建ちならんでいる。阪急や市営地下鉄の烏丸駅まで5分ほどで行けるので、急速に開発がすすんだ。そんなビルの手前に、だれも気がつかないような小さな石碑が立っていた。

 「本居宣長先生修学之地」

 とあった。宣長は宝暦2(1752)年3月7日、23歳のとき、出身地の伊勢松阪から、「青雲の志」をいだいて、京都にやってきた。

 京都は学生の町でもある。いまでも春4月には、まだ田舎臭さを残した若者たちであふれかえる。だが1~2カ月もたつと、髪を茶色に染め、こじゃれたファッションの、どこにでもいる若者に変身してしまう。「青雲の志」など、ハナからないのであろう。

 宣長はこの地にあった儒学者、堀景山の塾に寄宿し、医学を中心に、儒学や漢籍、万葉集や源氏物語といった古典など、多方面にわたる学問に打ちこんだ。

 文芸評論家、小林秀雄の晩年の大著『本居宣長』にも、「学問の為に京に上った時には、既に、彼の学問への興味は、殆(ほとん)ど万学に渉(わた)っていたと言って過言ではない」と書かれている。ようするに天才だったのである。

 瞠目(どうもく)すべきなのは、後年の宣長のキーワードとなる「もののあはれ」と、畢生(ひっせい)の大著『古事記伝』となって結実する「古事記」の重要性に早くも目覚めていたことであろう。

 「もののあはれ」は師の景山から学んだ。景山の著書『不尽言』には、「恋せずば人は心のなからまし物のあはれはこれよりぞ知る」という藤原俊成の歌を引用し、「左ノミ秀歌ニハアラズトモ、ソノ意趣向上ナルコトニシテ、人情ニヨク達シタルコトナリ」という評をくわえている。ほとんど宣長の「もののあはれ」とかさなる。

2014.8.11 16:30 (2/3ページ)[ベテラン記者コラム]


 「古事記」には「神書といふすぢの物」(『玉勝間』より)に多く目を通すことによって、たどりついた。「漢意(からごころ)」に満ちた正史「日本書紀」よりも、「古事記」のほうが日本という国の本当の姿を伝えていると、『古事記伝』にいたる萌芽(ほうが)的な発想をすでにいだいている。

 和語で書かれている「古事記」は、当時、学者のあいだでは、そんなに重視されていなかった。偽書説もあった。

 だが5年間の京都遊学時代、謹厳実直、がむしゃらに学問だけに打ちこんでいたわけではない。いまの茶髪の学生たちと同じように、けっこう遊びまくった。京都は、遊ぶのにふさわしい誘惑にみちみちた町でもあった。

 まず、酒。大酒飲みであったことは宝暦6年7月、母親の「かつ」からの手紙で裏づけられている。

 「酒のみ申され候毎ニ、おやふかうと、われらか事もおもひ出し候て、さかつきニ三つよりうへ たべ申されましく候(中略)かたくかたくつゝしみ申さるへく候」

 酒ばかり飲んで、この親不孝者め、という母親の、怒りまじりのせつせつとした思いが伝わってくる。だが宣長が酒を断った形跡はない。

 タバコもよく吸った。能や芝居、相撲の見物、花見や紅葉狩りや月見、さらには三味線などのけいこ事にも打ちこんだ。きわめつけは茶屋遊びである。宣長の『在京日記』には、

 「此池のほとりの水茶屋にやすみて、しばしゆきゝの人など見侍る。妓など多くまいる」

 とあり、その方面にも通じていた。綾小路通新町から近い島原や祇園だけでなく、私娼窟にも出入りしていたらしい。遊興費が足りなくなって、再三、臨時の仕送りをせまり、困りはてた「かつ」は借金までして金を送ったほどである。

(12)本居宣長 飲む打つ買う…しまくった誘惑の都を活力に「古事記」究めた

2014.8.11 16:30 (3/3ページ)[ベテラン記者コラム]


 たっぷり遊びまくったためなのか、京都遊学を終え、松阪に帰ってからは、死ぬまで研究と門人たちへの講義とに明け暮れた。享和元(1801)年初夏、京の門人たちの再三にわたる勧誘で、約40数年ぶりに上京した。

 2カ月間ほど滞在し、公開の講義などを行った。だが門人のなかには、身分の高い公家たちもおり、だいぶ神経を使ったらしい。知人への手紙には「あまりあまり心くばり多く、気分つかれ、暑さにも成候故、一日も早く帰りたく存候」と書かれている。

 松坂に帰ってまもなく死去、71歳だった。若いころの京都遊学時代は楽しい日々だったが、二度目の京都滞在は気苦労が多く、それが死を早めたのかもしれない


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都慕情No11

(11)川端康成 京都ブームを生んだ駄作『古都』…を生んだ偏執「捨て子」

以下産経新聞からの転載である。

川端康成の小説「古都」の映画化、制作発表に臨む歌手の山口百恵=昭和55(1980)年5月

Wlf14072916300007n1jpgkawabata_2


 まがりくねった周山街道は神護寺付近で清滝川沿いの道になり、栂ノ尾(とがのお)の高山寺(京都市右京区)をすぎると、川をはさんだ両側の山々は低木や高木をまじえた杉がびっしりと茂っている。杉の木と木との間隔は、きれいにそろえられている。

 北山杉と呼ばれる。幹の下部がていねいに枝打ちされ、細いロウソクのようなかたちをしている。フシが少ない丸太は、数寄屋風情の柱などに使われる。

 清滝川に沿って、車でさらに30分ほど行った山あいに「中川」という小さな里がある。すっかり川幅が狭くなった清滝川にかかる木橋をわたったところに、「北山杉資料館」があった。

 この里を舞台にして描かれたのが、川端康成の長編『古都』である。昭和36(1961)年に朝日新聞に連載され、いまもつづく「京都ブーム」のキッカケともなった。

 現在は休館中だが、雑草などが生いしげった広い庭には、大きな石碑が立っていた。『古都』の一節が、川端の自筆でこう刻まれていた。

 「杉山の木末が、雨にざわめき、稲妻のたびに、そのほのおは、地上までひらめき、二人の娘のまわりの、杉の幹まで照らした。美しく真っすぐな幹の群れも、つかのま、不気味である。と思うまもなく、雷鳴である」

 京都の老舗の呉服問屋の娘、千重子は捨て子であった。あるとき、友人と北山杉を見るために、この里にやってきた。そこで自分とそっくりの苗子という村娘と会う。その出会いのシーンである。ふたりは双子の姉妹だった。

 岩下志麻や山口百恵主演によって映画化をされた作品だから、これ以上のストーリー紹介はいいだろう。というよりも、『古都』はタイトル通り、京都そのものが「主人公」のような作品であった。

 北山杉だけでなく、春の桜、鞍馬の竹伐り会、葵祭、祇園祭、五山送り火、北野踊、時代祭、事始め、といった行事。平安神宮、嵯峨野、仁和寺、円山公園、西陣、上七軒、青蓮院などの社寺や名所旧跡が、もりだくさんに紹介されている。錦市場やチンチン電車(京都市電)まで登場する。

 いわば京都のガイド本のような作品なのだ。チンチン電車など、すでになくなってしまったものもあるが、いまでもじゅうぶんにガイド本として通用する。49年ぶりに復活した祇園祭の後祭の説明もある。

2014.7.29 16:30 (2/3ページ)[ベテラン記者コラム]

 ハッキリ言って、多くの川端作品のなかで、名作とはとても言えない。理由は簡単で、京都のガイドばかりなのである。読者に対するサービスだろうが、京都で7年間も学び、働いた筆者などは退屈で仕方がなかった。

 こだわりたいのは、千重子を「捨て子」と設定したことだ。なぜなら川端もみずからを「捨て子」だと意識していたからだ。

 明治32(1899)年、大阪天満宮ちかくで、医師の長男として生まれた川端は3歳のとき父親、4歳のとき母親、12歳のとき姉が死んだ。現在の茨木市に住んでいた祖父母に引き取られるが、その祖父母もまなく死んでしまう。

 中学生にして、身寄りのない天涯孤独の身になってしまった。「捨て子」ではなく、「孤児(みなしご)」だが、生涯にわたって「捨て子」の意識を持ちつづけた。

 初期の作品に『骨(こつ)拾い』という、祖父の葬式のもようを描いた作品がある。骨拾いを終え、家にもどったあとに続いて、こう書かれている。

 「家に残った連中も、祖父に死なれてただ一人の私が、これからどうなるだろうと、同情のうちにも、好奇心をまじえているように思われる」

 そうとうに屈折している。これに母親の死を加味させれば、川端の尋常ではない女性に対する意識が生まれる。交友があった石原慎太郎は、文壇回顧録『わが人生の時の人々』のなかで、その姿をなまなましく描いている。

 ある女性編集者が川端宅に訪れたところ、応対した川端はじっと食い入るように編集者を見つめつづけ、なにも言わない。その気配に押され、女性編集者は「とうとう泣き出してしまった」という。


2014.7.29 16:30 (3/3ページ)[ベテラン記者コラム]


 同じように石原自身の母親や、電車のなかで見かけた女性をしつこく見つめつづけた。「川端さんには母親への思慕などにとどまらぬ、女に対する何か強烈で複雑な潜在心理構造(コンプレックス)があったに違いない」と、石原は推測する。このコンプレックスには、もちろん「捨て子」の意識も含まれているはずである。

 最近、旧制高校時代の川端のラブレターが発見されたと、大きく報じられた。婚約者から返信が来ないことについて、「病気ぢゃないのかと思ふと夜も眠れない」「泣き出すほど気にかかる」と、あられもない文章がつづく。

 この偏執ぶりは、婚約者に対する「思慕などにとどまらぬ、女に対する何か強烈で複雑」な意識に拠るものであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)